ホーム > 危機管理・防災 > 災害に備えて > 災害に備えて > 緊急地震速報にご注意ください。

更新日:2008年6月19日

ここから本文です。

緊急地震速報にご注意ください。

緊急地震速報とは(About The Earthquake Early Warning system )

 
緊急地震速報は地震の発生直後に、震源に近い地震計でとらえた観測データを解析して震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地での大きな揺れの到達時刻や震度を推定し、可能な限り素早く知らせる情報です。
気象庁では,平成19年10月1日から一般への緊急地震速報の提供を開始しました。
緊急地震速報の入手方法については,気象庁ホームページの「緊急地震速報の入手方法について」を参考にしてください。
 
なお,気象庁ホームページ「緊急地震速報について」に詳細が記載されていますので,ご覧下さい。
 
 
The Earthquake Early Warning system provides advance announcement of the estimated seismic intensities and expected arrival time of principal motion. These estimations are based on prompt analysis of the focus and magnitude of the earthquake using wave form data observed by seismographs near the epicenter.
 
Earthquake Early Warning was provided through several means such as TV and radio from 1 October 2007.
 
If you need more imformation about The Earthquake Early Warning system, please go to The Japan Meteorological Agency (JMA)  HP site " The Earthquake Early Warning system ".

 

緊急地震速報発表シミュレーション結果(鹿児島地方気象台提供)

想定震源の最寄の観測点で地震波を検知した後,5秒後に緊急地震速報を発信したと仮定して,大きな揺れが到達するまでの猶予時間をシミュレーションした結果です。なお,本図は,理論計算値に基づくものであるため、実際の地震の場合はこれと異なることに留意が必要です。
 
以下のファイルはPDF形式です。
 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

危機管理防災局危機管理課防災対策室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?