ホーム > 緊急情報 > 平成30年自然災害による災害救助のために使用する車両の取扱いについて

更新日:2018年7月13日

ここから本文です。

平成30年自然災害による災害救助のために使用する車両の取扱いについて

全国各地で発生している台風・大雨・地震等の自然災害に伴い,被災地支援等を目的とする車両に対して「災害派遣等従事車両証明書」を交付します。
高速道路等有料道路の料金所を出る際に,本証明書を御提出いただくことによって,有料道路の通行料金の無料措置が講じられます。

「災害派遣等従事車両証明書」の交付対象となる車両
・広島県(広島県平成30年7月大雨による被災地支援)
・岡山県(平成30年7月豪雨による被災地支援)
・愛媛県(平成30年台風第7号及び7月大雨による被災地支援)
・岐阜県(平成30年7月豪雨による被災地支援)※ボランティアは岐阜県関市のみ
・大阪府(平成30年大阪北部地震及び7月大雨による被災地支援)

詳細は,各県のホームページ等(関連リンク)を御覧ください。
また,九州北部豪雨及び熊本地震に伴う車両については,以下のリンク(関連資料)をご覧ください。

【申請の受付時間等】
県庁の受付時間は,平日の8時30分~17時15分です。
できるだけ,受取希望日の3日前までに申請してください。

県庁で申請される場合,窓口は次のとおりです。
・ボランティアや救援物資等の輸送に使用する車両
→社会福祉課(行政庁舎3階,電話:099-286-2824又は2841)
・その他の車両
→危機管理防災課(行政庁舎6階,電話:099-286-2256又は2255)

市町村の受付時間等は,申請先の市町村にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

危機管理局危機管理防災課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?