ホーム > 地域振興局・支庁 > 教育・文化・交流 > 戦国島津氏について

更新日:2018年6月22日

ここから本文です。

戦国島津氏について

平成30年は,明治維新150周年の節目の年となります。維新期に,薩摩藩では,西郷隆盛をはじめとする数多くの英傑を輩出しました。

薩摩藩の原点として,その体制が固まった,戦国時代の島津氏についてご紹介します。
島津氏は,多数の分家に分かれ,現在も鹿児島県・宮崎県の各地に広く様々な史跡等が残っているため,そのすべてを網羅して紹介することは困難ですが,
鹿児島地域振興局の管内(鹿児島市・日置市・いちき串木野市)にゆかりのある歴史を中心に,戦国島津氏の紹介を行います。

1津氏の発祥について

2津氏初代忠久から十四代勝久まで,さらに伊作島津家忠良(日新斎)に至る経緯について

3津忠良(日新斎)と島津貴久について(1)

4津忠良(日新斎)と島津貴久について(2)

5津忠良(日新斎)から島津貴久へ

6津貴久から四人の息子へ

7津四兄弟と三州統一について

8津四兄弟と九州統一王手まで

9津四兄弟と秀吉との戦い(編集中・タイトルは変更する可能性があります)

10久・義弘と関ヶ原(編集中・タイトルは変更する可能性があります)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局総務企画部総務企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?