ホーム > イベントカレンダー > 「古代(いにしえ)の女神(めがみ)展」~縄文ヴィーナスと祈りの形~

更新日:2019年1月25日

ここから本文です。

「古代(いにしえ)の女神(めがみ)展」~縄文ヴィーナスと祈りの形~

平成26~27年度に行われた「牧野遺跡」(南九州市知覧町)の発掘調査で,日本最古クラスである縄文時代草創期の「岩偶」,いわゆる縄文ヴィーナスが出土しました。女神は女性の姿をした神で母性の象徴として,また美や豊穣の象徴としてまつられてきました。
今回の企画展は,縄文時代から今日までの様々な「女神」に焦点をあてています。生命の誕生や再生,航海の安全などの願いやその想いを形にした土偶や岩偶,装飾品など,人々の祈りの形を各地の出土遺物とともに紹介しています。
古代より今日にも通じる人々の自然への畏れや祈りの想いを感じ取れる企画展となっております。ぜひお越しください。

女神展1.jpg

女神展2.jpg

開催日時

  • 2019年1月19日(土曜日)9時00分から2019年3月24日(日曜日)17時00分

場所

名称 ミュージアム知覧
住所 南九州市知覧町郡17880

主催者

南九州市教育委員会文化財課

【お問い合わせ先】
南九州市教育委員会文化財課
電話番号:0993-83-4433

このページに関するお問い合わせ

南薩地域振興局総務企画部総務企画課

電話番号:0993-52-1307

行事・イベントの詳細については,それぞれの「問い合わせ先」にお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?