ホーム > 地域振興局・支庁 > 北薩地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 現地農業情報(さつま地域)6月

更新日:2021年7月5日

ここから本文です。

現地農業情報(さつま地域)6月

さといも疫病対策の徹底を生産者に呼びかける

さつま町が最重点品目として栽培を推進しているさといもは,疫病が大きな課題となっています。令和2年は多くのほ場で発生し,減収要因となりました。そこで,令和3年は,疫病対策講習会を開催し防除対策の徹底を図っています。令和3年6月23日に技連園芸部会による初発調査を実施したところ,3ほ場で初発が確認されたため,令和3年6月29日に現地検討会を開催し防除の呼びかけを行いました。今後も被害軽減に向けて関係機関一体となって取り組んでいく計画です。

スクミリンゴガイによる水稲被害の軽減に向けて

令和3年6月9日、さつま町農林技術協会主催でスクミリンゴガイのトラップ作成講習会を出水市から講師を招き開催しました。会では,トラップの作成方法や設置方法について学びました。実際にトラップを設置し捕獲量を調査すると,大小様々な大きさのスクミリンゴガイを1トラップあたり30匹程度捕獲することができ、トラップの有効性を確認することができました。スクミリンゴガイの対策として,今後は薬剤による防除にトラップを組み合わせた被害軽減策の取り組みを進めていきます。

 

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

北薩地域振興局農林水産部農政普及課

電話番号:0996-52-4514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?