閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 地域振興局・支庁 > 北薩地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 現地農業情報(川内地域)10月

更新日:2022年11月8日

ここから本文です。

現地農業情報(川内地域)10月

農作業事故の危険性を肌で知る研修会を開催

令和4年9月21日,薩摩川内市農作業事故防止研修会が川内畜産センターで開催されました。今回は3密を防ぐため,認定農業者を中心に呼びかけを行い,関係機関等も含めて45名が参加しました。室内研修会では,農政普及課が農作業事故の現状,消防局から事故発生時の対応,市と連携協定を結んでいる大塚製薬から熱中症対策がそれぞれ説明されました。室外では農業大学校の職員によるトラクタの転倒の実演があり,実際に目で見て危険性が理解できたと,参加者からはたいへん好評でありました。

農作業安全(室内)

農作業安全

飼料増産技術の実証圃場を設置し,省力的飼料増産を推進

令和4年9月30日,薩摩川内市飯母地区水田圃場で,生産者や関係機関等13名参加のもと,日本草地畜産種子協会事業を活用し,ドローンによるイタリアンライグラスの水稲立毛中播種を実施し,飼料増産技術の実証圃場を設置しました。本栽培方法は,水稲立毛中にイタリアンライグラスの種子を播種し,生育期間を確保して増収に結びつける技術で,自給飼料の増産と耕地の有効活用を省力的に図ることができます。今後は,現地検討会等を開催し,水田裏作の省力的飼料増産の推進を図ります。

ドローンを活用した播種

ドローン播種の様子「

生活研究グループ員として,学び,伝え続けることを再確認

令和4年10月4日,甑島の里で薩摩川内市生活研究グループ研修会が開催されました。甑島には24名の会員がおり,朝市や特産品作り等,地域に根ざした活動を続けています。今回は,里に伝わる郷土料理「しおけ」の作り方やいわれ,薩摩川内市からは米の活用について紹介するなど知識・技術の交流がなされました。「会員は高齢化しているが,これからも力を合わせて,できる役割を発揮していきましょう」と再確認され,有意義な研修会となっていました。

しおけ

集合写真

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

北薩地域振興局農林水産部農政普及課

電話番号:0996-25-5533

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?