閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 地域振興局・支庁 > 北薩地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 現地農業情報(出水地域)11月

更新日:2021年11月30日

ここから本文です。

現地農業情報(出水地域)11月

経営発展研修会・個別相談会でインボイス制度等について学ぶ

11月12日,出水庁舎で経営発展研修会・個別相談会を実施し,関係者を含めて44人が出席しました。この研修会は,自ら経営改善に取り組む農業者を支援しようと毎年開催しているものです。今回は消費税の仕組みとインボイス制度について計画したところ,農業者や関係機関の関心が高く,多くの出席がありました。また個別相談会では,経営継承にあたり今まで計上していない緑化樹の棚処理をどうするか等,専門家からの指導を受け,相談者の課題解決に繋がったようです。

経営発展研修会

 

生産者間で今期の玄米品質や今後のブランド化について相互に検討

11月12日,出水市役所において「ツルマチ米」の推進母体である出水のツル米推進協議会総会が開かれました。会では,ツルマチ米生産者の玄米サンプルについて,穀粒判別結果や玄米中タンパク含量を生産者別の栽培管理とともに説明しました。生産者は,施肥量を確認する等,次作の栽培管理について相互に意見を交換しました。また,ツルマチ米のブランド化や消費拡大に向けた今後の取組についても検討を行いました。

ツルマチ米

 

農業次世代人材投資事業交付対象者29人をサポートチームで巡回指導

11月12日~26日にかけて,農業次世代人材投資事業の資金交付対象者29人を対象に,市・JA・農政普及課・農業委員のサポートチームメンバーで個別巡回を行い,就農状況を確認しました。巡回では,対象者のほ場や畜舎で,課題や取組状況,ほ場の確認を行いました。農業委員は,日頃から対象者の身近な相談相手になっており,今回の巡回指導でもきめ細やかな助言がありました。今後も,関係機関・団体一体となり,新規就農者の定着に向けた支援を行っていきます。

サポートチーム巡回

長島地区青年農業者プロジェクト検討会及び現地就農トレーナー研修(ばれいしょ)を開催

10月27日,長島町開発総合センターで,指導農業士2人,青年農業者等10人,関係機関4人の計16人が出席する中,長島町ファーマーズクラブ員が共同プロジェクト「ばれいしょの低減施肥に向けた取組み」について発表しました。指導農業士等からは収益性や今後の取組み等の質問や助言が多く出され,活発な意見交換ができました。その後,令和3年度新規就農者2人のばれいしょほ場に移動し,現地検討を行いました。今後も,関係機関・団体と連携し,青年農業者育成に取り組んでいきます。

長島地区青年農業者等

大将季の収穫スタートを関係者で祝う

11月22日,阿久根市内の加温大将季園地で生産者,関係機関・団体など参集のもと,鋏入れ式が行われ,収穫がスタートしました。今年産の加温大将季は生産者の努力に加え,秋期の天候にも恵まれ,高品質の果実に仕上がっています。大将季の出荷は,11月25日の鹿児島市場での出発式を皮切りに,無加温,露地栽培と,来年4月まで続き,720tの出荷が見込まれています。

加温大将季ハサミ入れ式

経営改善発表会「元気だぞ!いずみ農業」を開催

11月19日,農業経営者クラブいずみ支部は,経営改善発表会「元気だぞ!いずみ農業」を開催し,クラブ員及び関係機関60人が出席しました。今月に入り,出水市で鳥インフルエンザが発生したことから開催が危ぶまれましたが,関係機関からの後押しもあり開催に到ることができました。今回は,農福連携等の労働力補完をテーマに,農福連携に取り組んでいる阿久根市の合同会社の講演や養鶏の経営者クラブ員の事例発表がありました。労働力の確保が課題である農家にとっては,大変参考になったと思われます。

元気だぞいずみ

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

北薩地域振興局農林水産部農政普及課出水市駐在

電話番号:0996-63-3115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?