ホーム > お散歩日記~「日本の20世紀遺産肥薩線」栗野散策ウォーク~

更新日:2019年4月23日

ここから本文です。

お散歩日記~「日本の20世紀遺産肥薩線」栗野散策ウォーク~

今回のお散歩日記は,4月21日に開催された「日本の20世紀遺産肥薩線」栗野散策ウォークをご紹介します。

18
栗野散策ウォークは栗野駅を出発して,丸池→松尾城跡→船渡橋→川内川右岸→栗野物産館→勝栗神社→丸池→栗野駅(ゴール)の約6kmのコースでした。

「松尾城跡」は,島津義弘公が1590年~1595年までの5年間在城した中世の山城跡です。お城は残っていませんが,当時の石垣が残っています。城跡からは,栗野市街地が一望できます。

12

当時の石垣を見ることができます。

11

城跡から見える栗野市街地です。

 

主要箇所では,湧水町の観光ボランティアガイド「湧水汽車会(わくわくぽっぽ会)」みなさんが,ガイドをしてくださったので,とても勉強になりました。
また,地元の方による湧水茶やふくれ菓子の振る舞いなどもありました。

 

13

綺麗な景色を見ながら楽しくウォーキングができました。

14

 

 

 

15

 

16

ゴール付近の丸池湧水に咲いているシバザクラが見頃を迎えていました。

 

約6kmの長いウォーキングコースでしたが,地元の方による振る舞いや綺麗な景色であっという間にゴールまでたどりつきました。

また,近くの丸池公園では,「湧水マルシェ」が開催されており,たくさんの人で賑わっていました。

17

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

姶良・伊佐地域振興局総務企画部総務企画課

電話番号:0995-63-8206

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?