ホーム > 地域振興局・支庁 > 姶良・伊佐地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 姶良・伊佐地域の現地情報:令和2年1月の「農業ミニ情報」

更新日:2020年2月28日

ここから本文です。

姶良・伊佐地域の現地情報:令和2年1月の「農業ミニ情報」

令和2年産の裸麦生産スタート!現地検討会が開催される

1月24日,姶良市の「あい裸麦生産組合」は組合員と関係者15人参加のもと,栽培ほ場を巡回して作付状況等を検討しました。令和2年産の栽培面積は約17haで,昨年12月に適期播種と排水対策を徹底し,植付の早いほ場では麦踏みも終了していました。今後は高品質生産に努めるとともに,販路を確保するため,味噌や裸麦粉を用いた加工品の拡大,学校給食への利用などの活用促進に取り組んでいく予定です。

裸麦研修会

飛翔クラブの国分大根継承プロジェクト,国分中央高校及び鹿児島大学農学部と連携して活動中

姶良東部地区農業青年クラブ「飛翔クラブ」は,鹿児島大学農学部附属実験農場と共同で国分大根の継承活動に取り組んでおり,本年度は継承活動を地元の高校に定着させるよう働きかけています。12月25日,飛翔クラブ,鹿大実験農場,国分中央高校の三者合同で,国分大根や一般的な青首大根の食味官能調査を実施したほか,1月20日,高校の実験農場で国分大根の採種方法を検討しました。

国分大根選抜国分大根食味

ゴーヤー栽培技術を再確認し品質重視の生産へ

1月20日,部会員6戸が参加のもと,ゴーヤー栽培講習会が開催され,栽培基準を確認した後,お互いの技術を語り合い,全体的なレベルアップを図りました。当地域のゴーヤーは棚仕立てで緑が濃く,高単価で取引されており,今年産も品質重視の生産を確認しました。また,新たにK-GAPへの取組も始めることから,農薬の保管庫や受払簿等の準備について情報交換しました。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

姶良・伊佐地域振興局農林水産部農政普及課

電話番号:0995-63-8219

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?