ホーム > 地域振興局・支庁 > 姶良・伊佐地域振興局 > 産業・労働 > 農業農村整備 > 姶良・伊佐地域振興局農林水産部長表彰及び農業農村整備事業研修会

更新日:2020年10月28日

ここから本文です。

姶良・伊佐地域振興局農林水産部長表彰及び農業農村整備事業研修会

令和元年度良・伊佐地域振興局農林水産部長表彰及び農業農村整備事業研修会

和元年11月18日(月曜日),令和元年度姶良・伊佐地域振興局農林水産部長優良工事表彰が開催された。
良・伊佐地域振興局農林水産部長表彰は,平成30年度に完了した工事について,特に優秀と認められた工事や技術者を表彰するものである。

優良工事表彰(株式会社広)
  • 工事名県営農地耕作条件改善事業丸地区30-3工区
  • 工事内容:管水路工1,609.6m
  • 表彰内容:
    工管理を現場でわかりやすく運用できるように,施工計画の提案がなされた。
    数校区が同時進行する施工現場であったが,情報共有システムの活用等で,他工区及び監督職員との連携・情報共有を図った。
    域住民等に対し,現場見学会を開催するなど,良好な関係を築いた。
優秀技術者表彰(株式会社々木組一氏)
  • 工事名農村地域防災減災事業(農村災害)霧島1地区29-1工区
  • 工事内容:取水堰改修2箇所
  • 表彰内容:
    修する2箇所の堰は離れており,それぞれの現場管理が必要であったが,関係者との連絡調整を密に行い,円滑な工程管理に努めた。
    存河川護岸基礎部の洗掘対策として,空洞部にコンクリートを充填した。
    事の進捗状況を,近隣住民や関係者に周知した。
感謝状贈呈(硫黄山噴火関連対策業務)

成30年4月19日に,霧島連山硫黄山が250年ぶりに噴火し,下流の川内川の水質が悪化した。このため,川内川から農業用水を取水している伊佐市及び湧水町では約750haの水田で,平成30年度は水稲の作付を断念した。
のため,川内川以外の代替水源の可能性を調査・検討した,下記の4者へ感謝状を贈呈した。

  • 事業名農業水路等長寿命化・防災減災事業
  • 請負者名:大福コンサルタント株式会社

コスモコンサルタンツ株式会社

株式会社萩原技研

株式会社国土技術コンサルタント

  • 表彰内容:
    黄山噴火に伴う川内川からの取水中止を受けて,水田への代替水源の可能性を調査し,水源の活用方法,工法,事業費等の検討を実施し,関係市町・関係受益者への今後の川内川からの取水の判断や次年度の作付方針の決定に大きく貢献した。

受賞者集合写真

 

農業農村整備事業研修会

事例発表

記の,優良工事表彰を受けた株式会社末広の主任技術者である厚地修氏及び優秀技術者表彰を受けた株式会社佐々木組の有村純一氏より,工事の事例発表があった。

講義「姶良・伊佐地域における桜島大噴火の影響について」
  • 講師:株式会社ホウセイ・技研朗氏
  • 内容:
    田氏は,鹿児島大学地震火山地域防災センターの交通への影響ワーキンググループに参加している。
    1914年の大正桜島大噴火の影響を調査し,講義を行った。大正桜島大噴火は,もともと鹿児島湾内の島だった桜島が,水深74mの海峡を溶岩で埋め,大隅半島と陸続きになったほどの大規模噴火である。
    義では,大正桜島噴火後,現垂水市では日雨量18.9mmの降雨で土石流が発生したとの記録や,姶良・伊佐地域からみた大正桜島大噴火について,鳴動や噴煙の様子を郷土史から抜粋し,紹介した。
    た,現時点で大正桜島大噴火があった場合,降灰により見通しが悪くなり,自動車は使えず交通は麻痺するとのことであった。
    後に,大正桜島大噴火から100年以上が経過しているため,いつ大規模噴火が発生してもいい状況であることから,防災意識を高めておくことが必要と,締めくくられた。

写真は,受講状況

研修会受講状況

 

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

姶良・伊佐地域振興局農林水産部農村整備課

電話番号:0995-63-8176

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?