ホーム > 地域振興局・支庁 > 大隅地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 生産技術情報 > 夏秋輪ギク(電照)の年間栽培体系(大隅地域)

更新日:2010年3月29日

ここから本文です。

夏秋輪ギク(電照)の年間栽培体系(大隅地域)

1.栽培上の特性

夏秋ギクは,夏ギクが開花について限界日長を持たないのに対して,限界日長を持っている品種群であり,電照による開花抑制ができる夏咲きギクともいえます。
 

また秋ギクよりも開花についての限界日長が長く,無シェードでも7~9月出しのできる品種があります。さらに,秋ギクよりも高温下における開花遅延とそれに伴う品質低下が小さく,7~9月出しの高温期の栽培に適する品種群といえます。

2.作型

作型(摘心栽培の場合)の目安については,下表のとおりです。
夏秋輪ギク栽培暦
 

3.主要品種

夏秋輪ギクの主要品種の特性については,下表のとおりです。

品種名

花色

特性

岩の白扇

雪白色の立弁の大輪。無側枝性。草丈伸長性は悪く,多肥栽培が必要。茎葉が強く収穫・出荷時の取扱が楽。貫生花の発生は少ないが,9月出しで扁平花の発生が多い。
フローラル優花

白色の大輪。無側枝性。葉や茎葉のボリュームがつきやすく,扁平花の発生が少ない。その一方で,系統によっては草丈伸長性が悪く栄養生長期間にジベレリン処理を必要とすることや,貫生花や花弁のねじれ等の問題点もある。6~7月消灯の作型では順調な花芽分化をさせるためにはシェード栽培が必要である。

4.電照


定植直後から深夜5時間の暗期中断を行ないます。
 

5.再電照処理


一般的には上位葉を充実させるために行いますが,早期発蕾防止のために栄養生長期間を短くする場合に,消灯後の草丈確保の目的で行うこともあります。
 
生育(花芽分化程度)が揃っていることが前提となります。
 
再電照処理の時期は,総苞形成後期から暗期中断の深夜5時間の電照を4~5日間程度行います。ただし,品種や条件により花芽分化の状態が大きく異なるので,必ず検鏡を行ってから実施します。
 
消灯から再電照開始までの日数の目安としては,「岩の白扇」の無摘心栽培の場合は7~10日,「スーパーイエロー」は摘心栽培の場合12~16日です。

6.温度管理


高温により開花遅延や奇形花発生を起こしやすいので,栽培後半は施設内の温度が上がらないように換気や風通しをよくする工夫が必要です。
 

遮光を行う場合は,できるだけ温度の高い日中のみとします。遮光が強すぎると,茎が軟弱になったり開花が遅れたりするので,朝夕や曇雨天日は遮光しないような工夫が必要です。

このページに関するお問い合わせ

大隅地域振興局農林水産部曽於畑地かんがい農業推進センター

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?