ホーム > 地域振興局・支庁 > 熊毛支庁 > 地域情報 > 観光・特産品情報 > 奄美・熊毛周遊ツアー催行促進事業の実施について

更新日:2018年8月3日

ここから本文です。

奄美・熊毛周遊ツアー催行促進事業の実施について

1趣旨

明治維新150周年の節目の年であることや,奄美の世界自然遺産登録が期待されている中で,マルエーフェリー(株)による屋久島寄港を機に,熊毛地域と奄美地域の観光連携を図る新たな取り組みの第一歩として,屋久島世界自然遺産と奄美を巡る新たなツアー催行に対して奨励金を支給することにより,同地域への誘客を促進します。

実施要領等

2要件

旅行商品内容が,下記の要件の全てに該当するものを対象とする。
ただし,鹿児島県の自治体や団体から同種の助成等を受けている旅行商品は対象としない。

(1)奄美地域及び熊毛地域がツアー行程に入っているもの

(2)奄美―屋久島間をマルエーフェリーが運営するフェリー波之上を利用していること

(3)奄美・熊毛両地域にいずれか1泊以上するもの(フェリー泊は除く)


※奄美地域とは,奄美大島(加計呂麻島,請島,与路島を含む),喜界島,徳之島,沖永良部島,与論島とする。

熊毛地域は種子島,屋久島,口永良部島とする。

3対象となる旅行商品の催行期

平成30年8月3日(金曜日)から平成31年2月15日(金曜日)までの出発のツアー

4対象となるツアー催行旅行会社

本店・支店・営業所を対象とする。

5奨励金額

ツアー催行旅行会社(本店・支店・営業所単位)の奨励金の限度額は20万円とし,催行人数に応じて次表のとおりとする。

催行実績

奨励金額

10人以上14人以下

7万円

15人以上19人以下

14万円

20人以上

20万円

 

6事務取扱手順

申出

ツアー催行旅行会社(以下,「申出者」という)は,申出書(様式1)及び同添付書類を平成30年12月28日(金曜日)までに熊毛支庁総務企画課へ提出するものとする。
ただし,対象となる旅行商品が複数ある場合は,申出書(様式1)にまとめて記載することとする。

提出先:〒891-3192鹿児島県西之表市西之表7950熊毛支庁総務企画課

受付

熊毛支庁総務企画課は,申出内容を審査の上,事業対象可否の決定を行い,それぞれ通知する。(様式2-1,2-2)

実績報告

申出者は,催行終了日または平成31年2月15日(金曜日)のいずれか早い日から,14日以内に熊毛支庁総務企画課へ実績報告(様式3)を行うものとする。

奨励金額の確定等

熊毛支庁総務企画課は実績報告の内容を審査し,適正と認められる場合は,予算の範囲で奨励金の確定通知を行う。(様式4-1)
なお,適正と認められない場合または予算額に達した場合は不支給通知を行う。(様式4-2)

【優先順位】
実績報告により適正と認められる者が多数の場合は,次の商品の順に優先することとする。

奄美・熊毛地域どちらも宿泊した商品
奄美・熊毛地域のどちらかのみに複数日宿泊した商品
奄美・熊毛地域のどちらか1泊した商品

ア,イ,ウそれぞれの商品の中でも催行人数が多い商品を優先することとし,催行人数が同数の場合は申出者の所在地から奄美市名瀬港までの距離が遠い方を優先することとする。

請求

申出者は,奨励金の確定通知を受けてから7日以内に熊毛支庁総務企画課へ請求書を提出する。(様式5)


支払い

熊毛支庁総務企画課は,申請者から請求書が提出されたら速やかに支払いの手続きを行うこととする。

7条件及び特記事項

(1)実績報告書(様式3)に添付する書類は次のとおりとする。

フェリー波之上の乗船証明書
催行期間内のツアー毎の参加者名簿及び旅程(申請者の内容証明署名及び捺印のあるもの)
販促物(ツアーPRチラシ等)の現物※新聞広告等のコピーを含む

(2)支払い方法は口座振込とする。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

熊毛支庁総務企画部総務企画課

電話番号:0997-22-0498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?