ホーム > 地域振興局・支庁 > 熊毛支庁 > 健康・福祉 > 西之表保健所管内に咽頭結膜熱流行発生警報を発令しました。

更新日:2018年7月18日

ここから本文です。

西之表保健所管内に咽頭結膜熱流行発生警報を発令しました。

咽頭結膜熱の流行発生警報について

西之表保健所管内における第28週(7月9日~7月15日)の咽頭結膜熱発生報告数が一定点あたり3.00(警報開始基準値3.00,警報終息基準値1.00未満)になりましたので,管内に流行性発生警報を発令します。

28w咽頭結膜熱表

28w-2咽頭結膜熱

咽頭結膜熱

咽頭結膜熱とは?

アデノウイルスの感染により起こる発熱(38~39度),のどの痛み,結膜炎といった症状をきたす,小児に多い感染症です。プールでの接触やタオルの共用により感染することもあるので,プール熱と呼ばれることもあります。
通常,6月ごろから徐々に流行しはじめ,7~8月にピークとなります。

咽頭結膜熱とは:国立感染症研究所感染症疫学センター(外部サイトへリンク)

感染予防策

特異的治療はなく,対症療法が中心となります。眼症状が強い場合には,眼科的治療が必要になることもあります。

予防のために以下のようなことに気をつけましょう。

  • 流行時には,流水とせっけんによる手洗い,うがいをしましょう。
  • 感染者との密接な接触は避けましょう。(タオルは共用せずに別々に使いましょう。)

学校保健法における取扱について

第2種の感染症に定められており,主要症状が消退した後2日を経過するまで出席停止とされています。ただし,病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは,この限りではありません。

また,以下の場合も出席停止期間となります。

  • 患者のある家に居住する者又はかかっている疑いのある者については,予防措置の施行その他の事情により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで。
  • 発生した地域から通学する者については,その発生状況により必要と認めたとき,学校医の意見を聞いて適当と認める期間
  • 流行地を旅行した者については,その状況により必要と認めたとき,学校医の意見を聞いて適当と認める期間

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

熊毛支庁保健福祉環境部健康企画課

電話番号:0997-22-0018

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?