ホーム > 地域振興局・支庁 > 熊毛支庁 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 種子島農業の動き(平成31年3月)

更新日:2019年4月1日

ここから本文です。

種子島農業の動き(平成31年3月)

種子島安納いもGI取得に向け,研修会等を開催

3月20日,熊毛支庁で,安納いもブランド推進本部生産販売部会の臨時総会・研修会が開催されました。会では,「種子島安納いも」の名称で地理的表示保護制度(GI)の登録申請に向け,事務局体制強化のための生産者負担金等について合意形成がなされました。また,茨城県農業総合センターの荒木田氏が「茨城県さつまいもの産地づくり」について講演し,茨城県が長年取り組んできた美味しい焼き芋や干し芋提供に向けた活動事例紹介等があり,産地として学ぶことが多かったです。

「はるのおうぎ」誕生

3月28日,中種子町中央公民館で,種子島のさとうきび生産者,関係機関,団体が待ち望んでいた新品種「KY10-1380」の品種登録出願名称公表式が開催されました。式には農林水産省や県,JA中央会,地元市町長をはじめ関係者38名が参加し,品種名「はるのおうぎ」の公表に続き,品種の特長,早期普及に向けた栽培実証事業の内容等が紹介されました。今後,2022年からの通常栽培開始に向け,種苗の増殖に取り組んでいきます。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

熊毛支庁農林水産部農政普及課

電話番号:0997-22-0742

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?