ホーム > 地域振興局・支庁 > 熊毛支庁 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 種子島農業の動き(平成30年6月)

更新日:2018年7月9日

ここから本文です。

種子島農業の動き(平成30年6月)

優良受託組織に学ぶ

6月14日に南種子町田尾集落さとうきびハーベスタ受託組織と中種子町の優良受託組織との意見交換会を開催しました。優良組織は,ハーベスタ収穫後の株出管理作業を1週間以内に行っており,低単収に終わったH29/H30年期においても平均単収7t以上(同町平均単収5.4t)をあげています。田尾集落の組織メンバーは,組織運営のコツや高収量の要因等多くの質問を熱心に行い,意見交換後の懇親会でもお互いの交流が図られ有意義な検討の場となりました。

種子島地域農村女性起業ネットワーク活動を各市町にPR

5月23日,熊毛支庁にて,種子島地域農村女性起業ネットワークの総会が開催されました。ネットワークは種子島3市町の女性起業グループの集まりで,これまでは各市町との繋がりが薄かったため,今回は各市町の課長・担当者も来賓として招待されました。総会後,各起業の主な加工品や各起業の加工品を集めたセット商品の展示・試食・紹介,意見交換を行い,ネットワーク活動への理解を深めました。引き続き,加工品やセット商品の開発・PR等ネットワーク活動を支援していきます。

平成30年産西之表市産の種ばれいしょ45tを確保

西之表市では,ばれいしょ採種事業に取り組んでいます。農政普及課は技連会と連携し,原種栽培(9~12月),採種栽培(2~5月)期間において,ほ場検査や生産物検査を複数回実施し,安定した品質の種いも生産を支援しています。平成30年産は原種栽培期間の台風襲来により,原種生産量が減少しましたが,採種栽培期間は天候に恵まれ順調に生育し,45t(約20ha分)の種いもが確保できました。今後も適期管理作業や病害虫防除を中心に指導していきます。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

熊毛支庁農林水産部農政普及課

電話番号:0997-22-0742

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?