ホーム > 地域振興局・支庁 > 熊毛支庁 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 種子島農業の動き(平成29年4月)

更新日:2017年8月4日

ここから本文です。

種子島農業の動き(平成29年4月)

子牛セリ市前研修会にてほ育方法について学ぶ

4月20~21日,種子島家畜市場にて子牛セリ市前研修会が開催されました。2日間で延べ104名が参加しました。今回の研修会では,熊毛支庁から「子牛のほ育方法について」制限ほ育,強化ほ育方法の特徴や母牛と子牛への効果,農作業事故防止について説明を行いました。今後も制限ほ育,強化ほ育についての研修を行い,分娩間隔の短縮・子牛の商品性向上について指導を行っていきます。

県内でも珍しいばれいしょ種いも生産への支援

西之表市で19年度から取り組んでいる産地内におけるばれいしょ採種事業は今年で10年目になり,安定した種いも確保のため欠かせない事業となっています。農政普及課は原種栽培(9~12月),採種栽培(2~5月)期間において,技連会と連携しながらほ場検査や生産物検査を複数回行い,安定した品質の種いも生産体制を確立しています。今年は昨年に比べ疫病の発生が少なく,順調な生育です。ばれいしょ生産安定のため,今後も病害虫防除を中心とした支援を行っていきます。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

熊毛支庁農林水産部農政普及課

電話番号:0997-22-0742

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?