ホーム > 地域振興局・支庁 > 大島支庁 > くらし・環境 > 奄美群島で獲れるおさかなミニミニ図鑑(1)

更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

奄美群島で獲れるおさかなミニミニ図鑑(1)

タカサゴ(アカウルメ,カブクヤ)下写真
 サンゴ礁の海底近くに住んでおり,水中で見ると体色は青く,黄色い線が鮮やか。追込網漁や一本釣りで獲れる。塩焼きが最高。大きいものは刺身,小さいものは唐揚げでもイケる。沖縄県では県魚。近い種類にクマザサハナムロ(アカウルメ,ウック)がいる。
タカサゴ(アカウルメ,カブクヤ)

クマザサハナムロ(アカウルメ,ウック)

クマザサハナムロ

ブダイの仲間(エラブチ)
サンゴ礁域に住む。追込網,ホコ突きなどで獲れる。刺身で食べる。皮の部分に臭いがあるが,肝を溶いた酢味噌,醤油で食べると最高。写真はニシキブダイ。
ブダイの仲間(エラブチ)

スズメダイの仲間(ヒキ)
  サンゴ礁域に群れをつくって生息。追込網漁業の重要な対象魚。唐揚げが最高。
  また,秋口の卵が詰まった子持ちヒキは格別。下写真はシコクスズメダイ。
  オヤビッチャは,縞模様と黄色い斑紋があることからアヤ(彩)ビキと呼ばれる。
アオダイ

オヤビッチャ(アヤビキ)

このページに関するお問い合わせ

大島支庁農林水産部林務水産課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?