ホーム > 地域振興局・支庁 > 大島支庁 > くらし・環境 > 奄美群島で獲れるおさかなミニミニ図鑑(2)

更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

奄美群島で獲れるおさかなミニミニ図鑑(2)

アオダイ(ホタ,ウンギャルマツ)
  水深100mより深い岩場の瀬に住んでいる。瀬物一本釣り漁業の代表格。
 延縄などで獲れる。刺身,塩焼き,煮付け何でもござれ。
アオダイ

スジアラ(ハージン) 
 サンゴ礁や岩礁地の深所に住む。一本釣りやホコ突きで獲れる。奄美,沖縄では超高級魚。刺身,焼き物,煮付けなど。 
 栽培漁業の重要魚種として,鹿児島県でも種苗生産,放流方法などの試験,研究を行っている。
 放流したスジアラは,下写真のように目印として腹びれを抜いてあります。(ちょっとかわいそうですが) 釣り上げた方は,大島支庁商工水産課まで御連絡下さい。
スジアラ1
スジアラ2

シロクラベラ(マクブ)
 沿岸の岩礁域に住む。ホコ突き,一本釣りなどで獲れる。スジアラと並んで奄美,沖縄の高級魚。
シロクラベラ

ソデイカ
 水深350~500mに生息していて,大きいものは20kg以上になり,旗流し漁で漁獲される。身はちょっと柔らかいが,すしネタ商材にもなっている。刺身,みそ漬けなど。
ソデイカ

このページに関するお問い合わせ

大島支庁農林水産部林務水産課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?