ホーム > 教育・文化・交流 > 教職員情報 > 不祥事根絶対策 > 平成28年度の取組

ここから本文です。

更新日:2017年1月5日

平成28年度の取組

服務規律の厳正確保に向けた取組例

下に示すのは,平成28年5月23日鹿教教第126号通知「服務規律に関する緊急指導について」で示された「4つの観点」です。各学校において,「4つの観点」に基づいて服務規律の厳正確保に向けた取組を新たに考えたり,これまでにあった取組を見直したりして,より実効性のある取組を推進してまいります。なお,掲載してある例については,今後,常時更新し変更されることがあります。

4つの観点

1.全ての職員が,自分のこととして感じられるか。〔動画教材の活用等〕

2.意識の持続化のための工夫があるか。〔日常場面につながる等〕

3.実行の容易性があるか。〔すぐにできる,繰り返しできる等〕

4.個人による取組と職員全体による取組があるか。家庭・地域と協力した取組があるか。〔全員でルールや環境をつくる等〕

校内研修への講師派遣

平成28年度(PDF:154KB)

学校視察

平成28年度(PDF:234KB)

「信頼される学校づくりのための委員会」モデル校の取組

「信頼される学校づくりのための委員会」モデル校の代表者会を実施し,各学校における実践事例について,不祥事根絶委員会委員や教育委員との意見交換等を行っています。

平成28年度モデル校の取組事例

小学校(PDF:2,679KB)

中学校(PDF:823KB)

高等学校・特別支援学校(PDF:4,178KB)

このページに関するお問い合わせ

教育庁教職員課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。