ホーム > 教育・文化・交流 > 教職員情報 > 教員採用 > 教員免許更新制 > 教員免許更新制に係る手続内容

ここから本文です。

更新日:2017年10月30日

教員免許更新制に係る手続内容

手続内容

以下の手続内容をご確認の上,鹿児島県教育委員会ホームページ(教員免許更新制に係る各申請手続きについて(申請用紙等ダウンロード))を参考に申請を行ってください。

所持免許状 手続内容 手続名 受付期間
旧免許状
(有効期間なし)

更新講習受講後,修了確認の手続をしたい。
(修了確認期限を過ぎて受講した方も含む)

更新講習修了確認申請 受講期間中
(修了確認期限の2年2か月前より2年間)

免除事由に該当するので手続をしたい。

【免除事由例】

  • 県教委が指定した表彰を受賞(修了確認期限までの10年間に行われたものに限る。)
  • 校長(園長),副校長(副園長),教頭,主幹教諭(主幹保育教諭),指導教諭(指導保育教諭),指導主事,社会教育主事の職にある。
免許状更新講習免除申請 受講期間中
(修了確認期限の2年2か月前より2年間)

延期事由に該当するので手続をしたい。

【延期事由例】

  • 産休・育休,引き続き90日以上の病休,心身の故障による休職
  • 在外日本人学校で勤務
  • 専修免許状取得を目的として大学院の課程に在籍等のため受講期間内に免許状更新講習を受講修了できない。
  • 新しい免許状を取得して10年を超えない。
  • 教育職員として任命(又は雇用)された日から修了確認期限まで2年2か月未満で受講期間内に免許状更新講習を受講修了できない。
修了確認期限延期申請 延期事由の発生から修了確認期限の2か月前まで
新免許状
(有効期間あり)
更新講習受講後,更新確認の手続をしたい。 有効期間更新申請 受講期間中
(有効期間の2年2か月前より2年間)
免除事由に該当するので手続をしたい。
延長事由に該当するので手続をしたい。 有効期間延長申請 延長事由の発生から有効期間の満了の日の2か月前まで


旧免許状で修了確認期限を過ぎている方を除く。旧免許状で修了確認期限を過ぎている方の場合,受付期間はありませんが,更新講習の最初の履修認定年月日から2年2か月以内に申請することが必要です。

所持免許状の種類(旧免許状・新免許状),修了確認期限(有効期間の満了の日)は,鹿児島県教育委員会ホームページ(教員免許更新制)でご確認ください。

  • 新免許状とは,免許状に有効期間の記載のある免許状のことです。平成21年4月1日以降に初めて教員免許状を取得する場合,その免許状には有効期間が記載されます。
  • 旧免許状とは,免許状に有効期間が記載されていない免許状のことです。平成21年3月31日以前に授与された免許状はすべて有効期間は記載されていない旧免許状です。また,旧免許状を有する者が,平成21年4月1日以降に免許状を取得しても,有効期間が記載されない旧免許状が授与されます。
  • 旧免許状と新免許状を,個人で併せ持つことはありません。

このページに関するお問い合わせ

教育庁教職員課

電話番号:099-286-5260

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?