ホーム > 教育・文化・交流 > 家庭・地域・社会教育 > 生涯学習・社会教育 > 社会教育委員の会議 > 平成27年度第2回社会教育委員の会議の開催結果について

ここから本文です。

更新日:2017年1月11日

平成27年度第2回社会教育委員の会議の開催結果について

1開催日時

平成27年10月29日(木曜日)午前10時から正午まで

2場所

県庁行政庁舎16階教育委員会室

3出席委員

青矢順子委員,池水聖子委員,上野知子委員,川口智子委員,國弘小百合委員,黒江康子委員,獅子目博文委員,下野正文委員,武隈晃委員,谷口哲也委員,中馬道則委員,豊島真臣委員,中村ふき子委員,前原寛委員,松田浩孝委員

4公開・非公開の別

公開

5傍聴者

なし

6協議内容

「審議のまとめ」(案)について,社会教育課から説明を行い,委員から下記のような意見が出された。

⑴アンケート結果について

  • 地域ぐるみの家庭教育支援という観点から,家庭教育に関する情報の入手先や悩みの相談先について,「近所の人」や「地域の子育てサークル等」に関する分析結果を付け加えた方がよいのではないか。

⑵学校への提言について

  • 保護者の参加意欲を喚起するような,学級PTAの内容の充実についても提言した方がよいのではないか。
  • 学校と地域の関わりの重要性から,学校への地域の関わりを充実・強化していく事を提言するとともに,学校職員の地域への積極的な関わりについても提言した方がよいのではないか。

⑶地域社会への提言について

  • 家庭教育支援の観点から,「地域」のとらえ方を明確にする必要がある。

⑷行政への提言について

  • 社会教育の分野から地域を支援していく人材育成のため,研修や学習機会を設ける事の必要性について提言した方がよいのではないか。

⑸学校・地域社会・行政の連携について

  • 連携の重要性を鑑みて,連携を推進していく役割を担う立場(コーディネーター的役割)の重要性を提言した方がよいのではないか。

このページに関するお問い合わせ

教育庁社会教育課

電話番号:099-286-5339

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?