ホーム > 教育・文化・交流 > 家庭・地域・社会教育 > 生涯学習・社会教育 > 社会教育委員の会議 > 平成28年度第1回社会教育委員の会議の開催結果について

ここから本文です。

更新日:2016年9月6日

平成28年度第1回社会教育委員の会議の開催結果について

開催日時

平成28年8月23日(火曜日)午前10時から正午まで

場所

県庁行政庁舎16階教育委員会室

出席委員

大保辰美委員,義永淳子委員,川原慎一委員,岩下ツキミ委員,下大川竜朗委員,中村ふき子委員,國弘小百合委員,岩橋恵子委員,武隈晃委員,獅子目博文委員,上野知子委員,門田夫佐子委員,島田秀樹委員,大脇治樹委員,岩佐睦美委員,落梨香委員

公開・非公開の別

公開

傍聴者

3人

協議

⑴審議の進め方について

⑵実態調査計画について

審議結果等の概要

⑴審議の進め方について

  • 「次代を担う子どもたちの成長に向けた,鹿児島らしい連携・協働の在り方について」を審議のテーマとして,2年間のスケジュールで審議を行う。
  • 地域内の各種団体等の連携・協働の現状と課題を把握する。
  • 地域内で各種団体等が行う個別の活動からネットワーク化された活動への転換の効果及び具体的方法・事例を把握する。
  • 地域内の各種団体等が「鹿児島らしい連携・協働」を進めるための地域・学校・社会教育行政への提言をまとめる。

⑵実態調査計画について

  • 実態調査にあたっては,質問紙等による調査だけでなく,聴き取りを行うなどして,具体的な事例を調査することが大切である。
  • 「地域の特色や特性を生かした活動」として様々な事例を広く集め,その中から「鹿児島らしい連携・協働」を探っていきたい。
  • 「次代を担う子どもたち」については,高校生までを対象とし,実態調査を進めてほしい。

 

このページに関するお問い合わせ

教育庁社会教育課

電話番号:099-286-5339

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?