ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・スポーツ > 文化財 > 最新の話題・ニュース > 甑島のトシドンのユネスコ無形文化遺産代表一覧表提案の審査ついて

ここから本文です。

更新日:2017年1月27日

甑島のトシドンのユネスコ無形文化遺産代表一覧表提案の審査ついて

今年3月,我が国よりユネスコ無形文化遺産登録(代表一覧表記載)に向けて提案した「来訪神:仮面・仮装の神々」(「甑島のトシドン」を含む8件の国指定重要無形民俗文化財)について,ユネスコ事務局より,条約運用指示書の規定に基づき,平成30(2018)年に審査を行うとの連絡がありました。

内容

平成29年(2017)年の審査について,審査件数の上限50件を超える提案があり,無形文化遺産の登録がない国などからの提案を優先して審査することを定めた条約運用指示書の規定に基づき,無形文化遺産登録が世界2位(代表一覧表記載件数)である我が国の審査は,平成29年(2017)年には行われないことになりました。

提案の来訪神:仮面・仮装の神々の構成文化財

《来訪神:仮面・仮装の神々》
・甑島のトシドン(鹿児島県薩摩川内市)
・男鹿のナマハゲ(秋田県男鹿市)
・能登のアマメハギ(石川県輪島市・能登町)
・宮古島のパーントゥ(沖縄県宮古島市)
・遊佐の小正月行事(アマハゲ)(山形県遊佐町)
・米川の水かぶり(宮城県登米市)
・見島のカセドリ(佐賀県佐賀市)
・吉浜のスネカ(岩手県大船渡市)

上,国指定重要無形民俗文化財8件

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

教育庁文化財課

電話番号:099-286-5355

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?