ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・スポーツ > 文化財 > 鹿児島県文化財保護審議会 > 鹿児島県文化財保護審議会の概要

ここから本文です。

更新日:2014年8月28日

鹿児島県文化財保護審議会の概要

設置年月

昭和50年12月

設置の根拠法令

鹿児島県文化財保護審議会条例

目的

文化財保護行政の円滑な推進を図るため,教育委員会の諮問機関として本審議会を設置する。

所掌事務

教育委員会の諮問に応じて文化財の保存及び活用に関する重要事項について調査審議し,及びこれらの事項に関して教育委員会に建議する。
審議会に専門の事項を調査審議させるため,次のとおり部会を置く。

・有形文化財部会
(有形文化財に関する事項)
・無形文化財・民俗文化財部会
(無形文化財及び民俗文化財に関する事項)
・史跡・埋蔵文化財部会
(史跡及び埋蔵文化財に関する事項)
・名勝・天然記念物部会
(名勝及び天然記念物(動物,植物,地質鉱物)に関する事項)

委員数

20人以内

このページに関するお問い合わせ

教育庁文化財課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?