ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・スポーツ > 文化財 > 県公共施設の利用 > 「上野原縄文の森」を利用するには

ここから本文です。

更新日:2016年4月14日

「上野原縄文の森」を利用するには

「上野原縄文の森」は,"縄文の世界と向き合いふれあい学び親しむ場″として,約9,500年前の上野原遺跡(国指定史跡)と約7,500年前の土器や石器等(重要文化財指定)が出土した遺跡を取り込んで整備されたものです。
敷地面積は約36haで,見学エリアと体験エリアからなり,縄文の森展示館,地層観察館,復元集落,遺跡保存館,国指定史跡,埋蔵文化財センター,体験学習館(火おこし,アクセサリーつくり,薫製・石蒸し料理等の体験ができます)等を備えています。

1開園時間

午前9時~午後5時(展示館入館は,午後4時30分まで)

休園日

毎月曜日(休日に当たる時は,その日の翌日)
年末年始(12月30日から1月1日)【※4月29日~5月5日は無休】

観覧料(団体は20名以上)

個人小・中学生150円高・大210円大人310円
団体小・中学生120円高・大160円大人240円

このページに関するお問い合わせ

教育庁文化財課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?