ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・スポーツ > 文化財 > 相談 > 宅地の造成・耕地の整備等の土木工事中に埋蔵文化財が見つかったとき

ここから本文です。

更新日:2014年8月28日

宅地の造成・耕地の整備等の土木工事中に埋蔵文化財が見つかったとき

まず発見された時点でいったん工事を中止し,地元の市町村教育委員会に連絡して,次の措置をとってください。

1最寄りの警察署へ「埋蔵物発見届」を提出する。(7日以内)
2地元市町村教育委員会を通じて,県教育委員会に「遺跡発見届」を提出する。

さらに,土木工事を継続する場合は,遺跡の発掘調査をしなければなりません。地元の教育委員会に相談してください。
文化財は,国民共有のかけがえのない貴重な文化的遺産です。これを残してくれた祖先のためにも,これを受け継ぐ子孫のためにも,文化財を大切に守りましょう。

このページに関するお問い合わせ

教育庁文化財課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?