ホーム > 教育・文化・交流 > 教育事務所ごとの取組 > 教育事務所 > 姶良・伊佐教育事務所 > 研修会・行事 > 平成30年度 > 平成31年2月8日地区指定研究協力校「特別活動」(霧島市立舞鶴中学校)

ここから本文です。

更新日:2019年3月11日

平成31年2月8日地区指定研究協力校「特別活動」(霧島市立舞鶴中学校)

「自己の将来を切り拓く生徒の育成」~コミュニケーション能力を培う教育活動を通して~

霧島市立舞鶴中学校は,平成29年から2年間,姶良・伊佐地区指定研究協力校として特別活動の研究・実践に取り組みました。
同校は,「『自己の将来を切り拓く生徒の育成』~コミュニケーション能力を培う教育活動を通して~」の研究主題に基づき,全校体制で取り組んできた研究の成果を公開しました。地区内外から多数の先生方が参加され,自校において,コミュニケーション能力や自己有用感を備えた自己の将来をたくましく切り拓く生徒を育むべく,真剣に研究会に臨んでいました。

当日の様子を下のPDFファイルでご覧ください。

平成31年2月8日地区指定研究協力校「特別活動」(霧島市立舞鶴中学校)(PDF:147KB)

このページに関するお問い合わせ

教育庁姶良・伊佐教育事務所

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。