ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県立博物館 > イベント > 企画展「霧島 火山の噴火と生きものたち」

鹿児島県教育委員会

鹿児島県教育委員会ホームへ

ここから本文です。

更新日:2016年3月12日

企画展「霧島 火山の噴火と生きものたち」

 

kirishima

印刷用ポスター(JPG:1,164KB)

 

2011年1月に霧島・新燃岳が爆発し,周辺の自然の環境やそこで生活する人々は大きな影響を受けました。あれから5年が経過した今,霧島はどのように変化したのでしょうか。噴火前後の自然環境比較をするとともに,霧島の現状や火山と共生する人々の知恵を紹介します。

期間

平成28年3月19日(土曜日)~6月12日(日曜日)

休館日

3月:22日(火曜日),25日(金曜日),28日(月曜日)

4月:4日(月曜日),5日(火曜日),11日(月曜日),18日(月曜日),25日(月曜日),26日(火曜日

5月:9日(月曜日),16日(月曜日),23日(月曜日),30日(月曜日)

6月:6日(月曜日),7日(火曜日

会場

立博物館本館1階企画展示室

入館料

展示内容

霧島の地質

在の霧島は,いつどのようにしてできたのでしょうか。その生い立ちや,2011年に起こった新燃岳噴火について解説し,霧島火山の資源活用についても紹介します。

geo1

geo2

2011年1月26日に起こった新燃岳の噴火(成尾英仁氏撮影)

2016年3月現在,火山性の地震が頻発している硫黄山

geo3

geo4

霧島最古の岩風呂

大霧地熱発電所

 

霧島の植物

島では低地から山頂部まで,標高に応じて植物の垂直分布が変化する様子が見られます。新燃岳の噴火によって絶滅が心配された植物もありましたが,多くはその後回復しつつあります。

plant1

plant2

山頂部に育つミヤマキリシマ

照葉樹林帯と夏緑樹林帯の移行部に見られるモミ・ツガなどの針葉樹林

plant3

plant4

火山ガスで枯れた樹木

噴石の被害を受けた後に,再び芽生えが出てきたミヤマキリシマ

 

霧島の昆虫

2011年に新燃岳が噴火して以来,霧島の昆虫にはどのような影響があったのでしょうか?博物館では環境省の許可を得て,国立公園内で調査を行ってきました。

bug1

bug2

中での灯火採集。ガなどが採集されます。

千穂峰山頂には,たくさんの昆虫が吹き上げられます。

bug3

bug4

ハルゼミやニワハンミョウなど,幼虫の時に地中で過ごしていた昆虫も,厚く積もった火山れきの上で多く見られました。したたかに生き残ったようです。

 

霧島の動物

えびの高原では約20年前からシカが増加して,植生が破壊されています。その原因と対策を紹介します。また,霧島で見られる森林性の野鳥についても紹介します。

shika

esa

えびの高原で一時期増加したシカ

えさやりしないように呼びかける看板

bird1

bird2

水飲み場にやってきたシジュウカラ

キビタキ(オス)

 

関連行事

ミュージアムトーク

  • 期日:平成28年3月19日(土曜日),4月2日(土曜日),4月29日(金曜日),5月7日(土曜日),5月22日(日曜日)
  • 時間:各回14時から
  • 場所:県立博物館本館1階企画展示室
  • 申し込み:不要

 

講演会

  • 演題:霧島火山の現在(いま)
  • 講師:井村隆介(鹿児島大学大学院理工学研究科教授)
  • 期日:平成28年4月30日(土曜日)
  • 時間:14時~15時30分
  • 場所:かごしま県民交流センター大研修室2
  • 申し込み:不要

 

実施要項(PDF:69KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

電話番号:099-223-6050

〒892-0853
鹿児島市城山町1番1号
Fax)099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る