ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県立博物館 > 別館の展示:プラネタリウム・化石など > デジタル四次元地球儀(ダジック・アース) > デジタル四次元地球儀12月のテーマ

ここから本文です。

更新日:2018年1月1日

デジタル四次元地球儀12月のテーマ

12月のテーマ:「地球」について

平成28年11月から投映してきた「デジタル四次元地球儀」ですが,宝山ホールの耐震工事に伴い,今月でいったん終了します。

今月は,デジタル四次元地球儀の基本である「地球」を投映します。

これを機会に,私たちの住む「地球」を確認してください。

  • 森林の分布
    大気光日本は大変森林の多い国ですが,世界を見るとそうでない国もたくさんあります。さて,どのような場所に森林は多いのでしょうか。降水リアルタイムのコンテンツと見比べてみてください。
  • 水や氷をはぎ取った地球
    地球は「水の惑星」ですが,そこから水や氷をはぎ取ったらどんな形をしているのでしょうか。
    このコンテンツでは海底面の様子もわかりますが,普段見ることができない南極やグリーンランドの本当の地形も確認することができます。
    赤色立体地図でも投映しています。
  • 地球の「街灯り」
    地球のどこに多くの「街灯り」があるでしょうか。海の真ん中にも灯りがあります。いったい何の光だと思いますか?国によってもあかるさに違いがあるようです。

 

このほかにも「過去4日間の降水,雲の様子」についても投映します。
また,台風や豪雨が発生した場合,そのときの降水と雲の様子を投映することもあります。
岩石表面の標高 地球赤色立体地図
  • 投映時間:午前10時~午後4時

平成30年1月~6月まで,宝山ホールが耐震工事のため県立博物館別館を休館する予定です。それに伴いデジタル四次元地球儀の投映も中止します。

 

このページに関するお問い合わせ

教育庁県立博物館

電話番号:099-223-6050

プラネタリウム直通電話:080-5245-0687
(団体予約はこちらへお願いします。)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?