ホーム > 教育・文化・交流 > 教育委員会について > 教育機関等 > 青少年研修センター > 広報誌 > 平成29年度 > あかぐえ山麓だよりH29.No.4

ここから本文です。

更新日:2017年7月25日

あかぐえ山麓だよりH29.No.4

かぶと虫の蛹(さなぎ)が成虫になりました。

あかぐえ山麓だより6月号で紹介した蛹(さなぎ)が立派な成虫になりました。

かぶと虫

〈かぶと虫の成虫1〉

かぶと虫2

〈かぶと虫の成虫2〉

かぶと虫のメスが卵を産みました

産みたてのころの卵は2~3ミリくらいで,少し楕円形をしています。最初は真っ白ですが,除々に黄みがかってきます。卵が産まれてから約10日~2週間くらいで幼虫になります。

たまご

〈かぶと虫の卵:6月中旬撮影〉

オニユリが咲きました

花の姿が赤鬼を思わせることから,「鬼百合(オニユリ)」と名づけられています。花弁はオレンジ色で,褐色の斑点が無数あります。葉の付け根には暗紫色のムカゴを作ります。ムカゴは、大きくなった芽で、球根のような性質を持っています。

オニユリ

〈オニユリ:7月中旬撮影〉

ムカゴ

〈オニユリのムカゴ:7月中旬撮影〉

8月の主催事業予定

8月6日(日曜日)~11日(金曜日)「『生きる力』を育む夏休みわくわくプラン」

8月19日(土曜日)「夏の星空観望会」

8月19日(土曜日)~20日(日曜日)「ファミリーキャンプ夏物語」

このページに関するお問い合わせ

教育庁県立青少年研修センター

電話番号:099-294-2111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?