ホーム > 教育・文化・交流 > 教育委員会について > 教育機関等 > 霧島自然ふれあいセンター > 霧島花だより > 霧島花だより(春)

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574 直通:099-294-2200 全国統一ダイヤル:0570-0-78310

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

霧島花だより(春)

キリシマミズキ

みずき

霧島山の春を代表する,九州でも霧島山でしか見られない大変貴重な花です。垂れ下がった房状の黄色い花を10輪ぐらいつけます。

丸尾の探勝路からえびの高原に向かう県道沿いにかけて,車窓からも楽しめます。風にそよぐ様子は春の霧島山の情景に似合います。

花言葉:「私の思いを受けてください」

ポイント:えびの高原付近(県道1号線沿いや,池めぐりコース)をはじめ,新湯から新燃岳登山道までの林道

シキミ

シキミ

年間を通して常緑の小高木です。花期は2月~5月と長く,長い花弁の薄い黄白色を帯びた美しい花を楽しめます。和名の由来は,星形の果実が有毒であることから「悪しき実」,年間通じて葉が美しいことから「四季美」,たくさんの実がなることから「重き実」等幾つかあるようです。和名の由来を知ることも,植生の特徴を知る方法になります。

花言葉:「寛大」

ポイント:えびの岳,池巡りコース,大浪池展望台周辺

ハルリンドウ

ハル林道

二湖パノラマ展望台から白鳥山山頂を目指して歩みを進めると数歩先の山道脇に健気に咲くハルリンドウ。思わず歩みを止めて,しばらくの間眺めてしまいたくなります。春一番に咲く花のひとつです。1本の茎に1個の薄い青紫色の花を咲かせます。花期は3月から5月頃です。

花言葉:「高貴」「清潔な人」

ポイント:ふれあいセンターの正門付近やキャンプ場入り口付近,柳ヶ平クロスカントリーコースの周辺,えびの高原にいたる道路沿いの土手や中岳,韓国岳の登山道付近

ツルキジムシロ

ツルキジムシロ

えびの高原のつつじヶ丘やえびの岳,白鳥山山頂から北展望台にかけた登山道脇に,むしろを敷いたように広がって咲く,小さく可愛らしい黄色の花です。「明るく輝いて」という花言葉をもつツルキジムシロは,登山者をそっと励ましてくれているかのようです。花期は3月から5月にかけて見頃が続きます。

花言葉:「明るく輝いて」

ポイント:えびの岳山頂付近,白鳥山山頂から北展望台までの登山道,日当たりの良い登山道沿い

オオカメノキ

オオカ目

春の花には,白色の花もあります。4月中旬から見頃を迎えるオオカメノキは,草木が芽吹く霧島山に存在感を示し,見る人の心を和ませてくれます。葉の形が亀の甲羅(ハート形)に似ていることから名付けられたそうです。和名は「ムシカリ」といいますが,その名の通り,葉を虫に食べられるのだそうです。秋は真っ赤な果実がたわわに熟します。

花言葉:「以心伝心」

ポイント:えびの展望台周辺,池巡り探勝路,大幡池,獅子戸岳

ノカイドウ

ノカイドウ

世界で霧島のみ自生する大変貴重な固有種です。1923年に「ノカイドウ自生地」として国の天然記念物に指定されました。植物学者の牧野富太郎によって命名された新種です。近年は,鹿の食害等が原因と考えられ絶滅危惧種になっています。例年,4月下旬から数日と見頃は短いですが,可憐で愛おしく見る人の心を虜にします。

花言葉:「温和」「美人の眠り」「艶麗」

ポイント:えびの高原のつつじヶ丘やえびの高原キャンプ村内を流れる沢周辺

 

このページに関するお問い合わせ

教育庁県立霧島自然ふれあいセンター

電話番号:0995-78-2815

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?