ホーム > 教育・文化・交流 > 教育委員会について > 教育機関等 > 霧島自然ふれあいセンター > 霧島花だより > 霧島花だより(夏)

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574 直通:099-294-2200 全国統一ダイヤル:0570-0-78310

ここから本文です。

更新日:2016年6月14日

霧島花だより(夏)

オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲ1

霧島の知られざる名花となっており,6月に入ったころ,気品と優雅さを保つ白い花が咲きはじめます。人目に触れることなく深山にひっそりと咲いている感じです。

みどころ・・・6月の上旬から中旬にかけて満開し,枝先に純白の花を1個つけます。花からは芳香が漂います。

よく目につくところ・・・みられるところが限定されており,韓国岳麓の硫黄山北側林内と大浪池火口付近に点在する程度です。

ヒメシャラ

ヒメシャラ花

ヒメシャラ木

赤茶~金色のつるつるした光沢のある樹皮が特徴です。そのまま立派な床柱になりそうな感じで,モミやツガ,アカマツなどが黒々としげる中でよく目立ちます。

みどころ・・・6月下旬から7月中旬にかけて直径2cmほどの白い花を次々と咲かせます。その後にできる実は,直径1cm,卵形で先がとがっており,秋には5つに割れます。

よく目につくところ・・・えびの高原周辺の各登山道,栗野岳,丸尾自然探勝路など

 

ナツツバキ

ナツツバキ(花)

落葉の中高木で,その名のとおり,夏にツバキのような気品のある白い花を付けます。次々と花を咲かせますが,それぞれの花の命は一両日と大変短いです。

みどころ・・・7月中旬から8月初めにかけて咲く花は,花びらの縁にある微細な鋸歯や裏の白い絹毛により,しっとりとした美しさに満ちています。

よく目につくところ・・・迷彩色柄のような樹皮が特徴で,他の木と大変見分けがつきやすい木です。霧島山中では至る所で見られます。

ナツツバキ(樹皮)

ノリウツギ

霧島の夏を白一色に彩る花です。これに似たコバノクロヅルと共に白い花として目立っています。ノリウツギは,白い大きな装飾花があり,円錐状の花は遠くからでも目立つほどです。高原の夏を彩ったこの白い花も,霧島が全山ススキで覆われ,秋が深まるころに散っていきます。

○みどころ・・・7月下旬から10月ごろまでの花。葉は対生し,これと似た白い花のコバノクロヅルは葉が互生し区別がつきます。

○よく目につくところ・・・霧島全山でみられますが,えびの高原の池めぐり付近,中岳登山道付近でよく目につきます。

リョウブ

白い花で霧島の夏を彩る主人公です。落葉小高木。幹はサルスベリに似てすべすべしており,斑紋が入っています。花は塔のようにすっと立っているのが特徴です。若芽が出るころは,葉がすっと立った様子で,生け花によく使われています。また,新芽は炊き込みごはんにも使われ,令法飯(リョウゴメシ)と呼ばれています。

○みどころ・・・7月から8月にかけての花。花は白く塔のようにすっと立っています。
○よく目につくところ・・・近くでは,みやまコンセール駐車場付近にみられ,そのほか霧島では,えびの高原や高千穂河原付近で目につきます。

このページに関するお問い合わせ

教育庁県立霧島自然ふれあいセンター

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?