ホーム > 教育・文化・交流 > 教育委員会について > 教育機関等 > 鹿児島県総合体育センター > 事業結果 > 総合体育センター:令和元年度鹿児島県地方青少年なぎなた錬成大会を実施しました

ここから本文です。

更新日:2019年12月11日

総合体育センター:令和元年度鹿児島県地方青少年なぎなた錬成大会を実施しました

ぎなたを志す小・中・高校生を対象に錬成大会を行い,なぎなたに対する正しい理解を深めさせるとともに,実技を通して心身の錬磨,技能の向上及び相互の親睦を図り,心身ともに活力に満ちた健全な青少年の育成に役立てることを目的に,枕崎市で実施しました。

事業の概要

主催

公益財団法人日本武道館国都道府県立武道館協議会益財団法人全日本なぎなた連盟鹿児島県教育委員会枕崎市教育委員会鹿児島県公立武道館協議会

後援

日本武道協議会

主管

鹿児島県総合体育センター鹿児島県なぎなた連盟

期日

令和元年11月30日(土曜日)・12月1日(日曜日)

場所

枕崎市立総合体育館

講師

中央講師:泉水孝子教士,安井みどり教士(全日本なぎなた連盟)
地元講師:鎌田寿段,西田智香段(鹿児島県なぎなた連盟)

古武道模範演武:平田由美,西本月,平田稔(解説)

参加者

32人(小学生5人,中学生15人,高校生12人)

日程

11月30日(土曜日)

12月1日(日曜日)

9時00分~9時30分 9時00分~9時30分
9時30分~10時00分会式 9時30分~10時00分話「袴の襞の言い伝え」
10時00分~10時30分古武道模範演武 10時00分~12時00分技(対人技能等)
10時30分~12時00分技(基本動作等) 12時00分~13時00分
12時00分~13時00分 13時00分~16時00分技(応用技能等),質疑応答
13時00分~16時00分技(基本動作・基本技能等),質疑応答 16時00分~16時20分会式

錬成大会の様子

開会のあいさつ

(公益財団法人日本武道館:今寺直人振興部普及課主任)

歓迎のあいさつ

(枕崎市教育委員会:丸山屋敏教育長)

講師

(左から泉水孝子生,安井みどり生,鎌田寿子生,西田智香生)

講師あいさつ

(泉水孝子生)

こども武道憲章唱和

集合写真

 

肥後古流長刀

(左から平田生,平田由美生,西本生)

古武道模範演武

実技(基本動作等)

実技(基本技能等)

講話「袴の襞の言い伝え」

(泉水生)

実技(対人技能等)

実技(応用技能等)

質疑応答

講評

(安井どり生)

 

錬成証授与

お礼のことば

閉会のあいさつ

(鹿児島県公立武道館協議会:山口務局次長)

参加者の感想

  • しい防具のつけ方や袴の線の名前などいろいろなことが分かりました。僕は防具を違うつけ方をしていました。先生方に教えてもらった正しいつけ方で防具を着けて試合をしたいです。日曜日の講話では,袴の線のことを教えてもらいました。仁義礼智信忠孝の七つの線を教えてもらいました。来年からももっと頑張ります。(小学3年)
  • ろいろな技や演技を教えてくださりありがとうございました。二日目の講義で,袴の襞のことについて教えてもらい,襞の一つ一つに名前がついていることを初めて知りました。一つでも覚えてこれからの生活に役立てていきたいです。演技の練習では,小中学生と高校生と分かれて教えてもらいました。分からないところやコツを教えていただきありがとうございました。(小学5年)
  • まで練習できずにいたことが解決できてとても嬉しかったです。私は部活となぎなたの両立にとても悩まされています。最近はなぎなたに来られずにいたのですが,今回稽古に参加して,改めて楽しいと思いました。将来は海外で教える指導者になって,なぎなたを発展させたいです。(中学1年)
  • 番印象に残ったことは,足を速く動かすということです。いつもは,面やすねが届かなかったのですが,最後に教えていただいた「打つ!」という気持ちと足を速く動かしたら届くようになりました。これで不安が一つ減りました。二日間ご指導いただきありがとうございました。(中学1年)
  • の二日間の錬成大会でたくさんのことを学びました。一つ一つの技を本当に相手へ打つ気持ちですること,発声を短くする,残心は相手と合わせるなどです。普段意識しているつもりでも実はできていないことが分かり,修正していきたいと思いました。(中学2年)
  • 成大会に参加して学んだ「失敗は努力を呼ぶ,努力は成功を呼ぶ」は,これからの稽古の中だけではなく,日常の中でもこの言葉を大切にしようと思いました。失敗してもその後の努力を怠らず,成功(勝利)に向けて日々の稽古に励みたいと思います。(中学3年)
  • は右中段の演技を初めてしました。たまには右中段でも演技をしてみたいと思いました。また,肥後古流長刀も初めて見ました。服装や長刀など同じようで全然違いました。すごくかっこいいなと思いました。この錬成大会でたくさんのことを学び,たくさんのことを経験することができました。(高校1年)
  • 手の使い方や足の向き,声の長さなど自分では意識していたつもりだけどできていなかったことを学べました。連続で打つ稽古では,力が入って打つのが遅くなっていたことが分かりました。力を抜いて,一本一本を打ち切ることを意識してこれからもっと上手くなれるように精進していきます。(高校2年)
  • 回,錬成大会に参加させて頂いて,技の向上だけでなく来年の国体に向けて頑張ろうという気持ちが増々高まりました。また,自分よりも年齢の低い小学生や中学生,他校の方々と一緒に稽古させて頂き,改めてなぎなたの楽しさや良さを実感することができました。これからも,感謝の気持ちを忘れずに,鹿児島国体で活躍できる選手になれるよう日々努力していきたいです。(高校2年)
  • は入試や学校行事で1ヶ月以上練習ができずにいたので,今回錬成大会に参加して,先生方にたくさんのことを教えて頂くことができました。二日目の講話では,襞の意味まで覚えることができました。これからの稽古に生かしていきたいと思います。また,「失敗は努力を呼ぶ,努力は成功を呼ぶ」という言葉が印象に残りました。この言葉をこれからの私生活に生かしていきたいと思います。(高校3年)

このページに関するお問い合わせ

県総合体育センター
電話099-255-0146
平日8時30分~17時15分
(土・日・祝日を除く)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?