ホーム > 教育・文化・交流 > 教育委員会について > 教育機関等 > 鹿児島県総合体育センター > 事業結果 > 総合体育センター:「水泳指導法講座」を実施しました。

ここから本文です。

更新日:2021年7月5日

総合体育センター:「水泳指導法講座」を実施しました。


目的

習指導要領の趣旨に基づいた水泳指導の在り方について方向性を示すとともに,各自が抱えている指導上の課題について実技や課題別学習・情報交換を通して,指導力の更なる向上を図る。

期日

令和3年6月9日(水曜日)

場所

鹿児島市鴨池公園水泳プール

参加人数

学校15人学校5人:計20人

研修内容

 

時間帯

9時30分~9時40分 開講式  
9時40分~10時40分 講義

学習指導要領の趣旨に基づいた授業づくりと学習評価

11時00分~12時30分

実技 水遊び,水泳運動
13時30分~16時00分 実技 水泳
16時00分~16時30分 実技 課題別学習・情報交換

受講者の感想

講義「学習指導要領の趣旨に基づいた授業づくりと学習評価」について

  • 具体的にどのような授業をつくっていき,評価につなげればいいのかがわかりました。
  • 体育の評価規準の作成については,どの先生も迷われているとのことでしたので,講義内容がいかせると思いました。

実技について

「水遊び,水泳運動」について

  • 低学年の水泳学習に取り入れられるものが多く実践したいと思いました。
  • 実技を通して,どうしたら浮くのか,沈むのかのコツがよくわかりました。

「水泳」について

  • クロール・平泳ぎの指導のポイントがよくわかる内容でした。特に「あおり足」にならないための指導は,すぐに実践したいと思いました。
  • 段階的な指導の重要性を認識することができ,すべての生徒が「できる」を感じることができる授業ができそうだと思いました。

「課題別学習・情報交換」について

  • 自分の課題を質問することができ,解決策も見えてきました。
  • 中学校とは異なる視点が,小学校の先生方からでるため,多様な考え方に触れることができ大変参考になりました。

活動の様子

講義

浮く楽しさを味わう

講義:学習指導要領の趣旨に基づいた授業づくりと学習評価

実技:水の特性を味わう(浮力を感じる)

水中かけっこ

ストロークと息継ぎ

実技:水の特性を味わう(水の抵抗を感じる)

実技:補助をした息継ぎの練習方法

泳ぎの土台2

平泳ぎ

実技:クロール泳ぎの土台(壁キック)

実技:平泳ぎの土台(腰掛けキック)

このページに関するお問い合わせ

県総合体育センター
指導課研修係
電話099-255-0146
FAX099-255-0140
平日8時30分~17時15分
(土・日・祝日を除く)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?