ホーム > 教育・文化・交流 > 教育委員会について > 教育機関等 > 鹿児島県総合体育センター > 事業結果 > 総合体育センター:「先生,楽しいね!」体育授業づくり講座を実施しました

ここから本文です。

更新日:2019年7月31日

総合体育センター:「先生,楽しいね!」体育授業づくり講座を実施しました

小学校,特別支援学校の先生方を対象とした講座を実施しました。講座では,講義,実技,演習,研究協議等を通して新学習指導要領の趣旨に基づいた体育授業づくりに向けた研修を行いました。

期日

令和元年7月25日(木曜日)・26日(金曜日)

場所

鹿児島県立青少年研修センター

参加人数

小学校23人,特別支援学校1人

日程及び研修内容

日程

時間

内容



9時00分~9時10分 開講式  
9時10分~10時00分 講義 学習指導要領の趣旨に基づいた授業づくり
10時10分~11時00分 講義 保健学習の進め方
11時10分~11時40分 研究協議 体育指導上の課題解決1
12時40分~16時30分 実技 体つくり運動
16時30分~16時40分   諸連絡



9時00分~9時50分 実技 体つくり運動の授業体験
10時00分~12時00分 演習 模擬授業(体つくり運動)の考案
13時00分~14時40分 演習 模擬授業(体つくり運動)の発表
14時50分~15時50分 研究協議 体育指導上の課題解決2
15時50分~16時00分 閉講式  

 

活動の様子

 

 

講義

保健

講義:学習指導要領の趣旨に基づいた授業づくり

講義:保健学習の進め方

体ほぐし

投

実技:体つくり運動

実技:体つくり運動

力強さ

授業体験

実技:体つくり運動

実技:体つくり運動の授業体験

模擬授業

研究協議

演習:模擬授業(体つくり運動)の発表

研究協議:体育指導上の課題解決

 

受講者の感想

講義「学習指導要領の趣旨に基づいた授業づくり」について

  • 現行の学習指導要領と新学習指導要領を比較して講義を進めてくださったので,改訂のポイントがとても分かりやすかったです。どんな活動をさせるのか,何を目的とするのか,ただ運動を楽しませるだけでなく教師が意図をもって授業づくりを行っていきたいと思いました。
  • 新学習指導要領が示され,より多くの子供たちに体育の楽しさを味わわせなければいけないという責任が大きくなったように感じましたが,その分やりがいがあると思いました。校種間のつなぎの重要性も分かったので,中学校の学習指導要領までしっかりと読み,系統性を意識して授業づくりをしていきたいと思いました。

講義「保健学習の進め方」について

  • 保健学習について今回のようにじっくり研修を受けさせていただいたことは初めてでした。年間8~10時間しか授業は行いませんが,子供たちを取り巻く健康課題は教科書の内容以上に多様化しています。授業を自分の生活と関連付け,子供自身の生活の質の向上を自ら考えて取り組んでいけるような授業展開を考えていく必要性があると感じました。
  • これまで知識を教えることに比重がありすぎる授業だったと反省しました。他の教科と同じように,導入等を工夫し,子供自ら意欲をもって学べるような授業づくりを心がけたいと思いました。

実技・演習「体つくり運動」について(授業体験及び模擬授業の考案・発表)

  • 自分自身も体験しながら「きっと,これは子供たちも楽しいはずだ」と感じることができたので,実際に授業でやってみることが楽しみになりました。やりながら様々な工夫ができそうな動きもあり,学年や子供たちの実態に応じて動きをアレンジしていきたいと思います。
  • 授業体験を通して,教師側が考えておくべきポイントがよく分かりました。普段から意識してできている部分もあれば,忘れている部分もあったのでもう一度自分の授業を見直すよい機会となりました。また,模擬授業では様々な児童の実態を考慮しながら,他の先生方と考案をすることで多くの気付きや学びがありました。他のグループの発表からも参考にしたい部分が多かったので,実践してみたいと思いました。
  • 運動が苦手な子供や意欲的でない子供に対する配慮や言葉がけについて具体的に教えていただけてよかったです。また,授業中の健康管理や安全への配慮など重要だが忘れがちなことについて細かく教えていただき,すぐに実践につなげられると思いました。

研究協議「体育指導上の課題解決」について

  • 課題を挙げる→実技→授業体験,模擬授業→課題を解決する,という研究協議までの流れがとても分かりやすく,考えがより深まったと思います。解決策をたくさん知ったので,次は実践につなげていきたいと思います。本当に充実した時間でした。
  • 一日目に課題として挙げられたことが,実技や演習を体験することで,その解決策や工夫する点が考えやすくなりました。今回の学びは,体つくり運動だけではなく体育全般において役立てていけそうです。

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

県総合体育センター
指導課研修係
電話099-255-0146
平日8時30分~17時15分
(土・日・祝日を除く)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?