ホーム > 教育・文化・交流 > 教育委員会について > 教育機関等 > 鹿児島県総合体育センター > 事業結果 > 総合体育センター:「体育好きを育てる」指導法講座(離島開催「奄美大島」)を実施しました

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574 直通:099-294-2200 全国統一ダイヤル:0570-0-78310

ここから本文です。

更新日:2017年10月23日

総合体育センター:「体育好きを育てる」指導法講座(離島開催「奄美大島」)を実施しました

活動の様子

器械運動系

ボール運動系

実技・演習「器械運動系」

実技・演習「ボール運動系」

 

目的

体育好きを育てる」指導法講座を開設し,実技研修や研究協議を行うことによって,受講者一人一人が抱えている体育指導上の課題解決を図り,指導力の更なる向上を目指す。

期日

平成29年7月27日(木曜日)

場所

奄美市立朝日小学校

参加人数

小学校31人,中学校5人,高等学校1人37人

日程

時間 内容
9時00分~9時10分 開会行事  
9時10分~10時00分 講義 学習指導要領の趣旨に基づいた授業づくり
10時10分~12時10分 実技・演習 器械運動系
13時10分~15時10分 実技・演習 ボール運動系
15時30分~16時30分 研究協議 体育指導上の課題
16時30分~16時40分 閉会行事  

 

受講者の感想

講義「学習指導要領の趣旨に基づいた授業づくり」について

  • 評価について,再度考え直す機会になりました。系統性を大切にして,子供たちに付けさせたい力を明確にして授業に臨みたいです。
  • 指導と評価の一体化の中で,質的な面の評価についての話があり,先日一学期の評価をしたばかりだったので,印象に残りました。二学期以降に生かしたいです。
  • 体育の時間は,十分な運動量を確保して楽しくできればいいという感覚がありましたが,しっかりとそれぞれの単元のねらいや系統性を考えることの大切さを改めて感じました。

実技演習について

器械運動系

  • 今までの授業において運動のコツは指導してきましたが,動きの構造や伝導についてはあまり考えたことがありませんでした。教材研究の際には,まず運動の特性を考慮していきたいです。
  • 全ての動きが全ての学年につながっているのが分かり,指導の仕方も次につながることを意識しながら行わなければならないと思いました。
  • 「できない」「難しい」と感じる子供たちに,どんな手立てをして挑戦させるか,他の先生方と考えながら行うことができて楽しかったです。

ボール運動系

  • 場やルールの工夫の仕方が大切なことを実感しました。今後の授業の中で取り入れていきたいです。
  • プレルボールのルール等が分かり,少ない人数でも取り組めそうなネット型ゲームを知ることができました。
  • 難しく考えがちなネット型ですが,簡易的な教具でも十分に内容の濃い授業を作れることが分かりました。

研究協議「体育指導上の課題」について

  • 他校の先生方のアイデアを教えていただけてありがたかったです。なかなかうまく解決はできないと思いますが,ヒントがいただけて嬉しかったです。
  • 他校の実践や課題を共有してみて参考になることが多くありました。これからワークシートを作りたいです。
  • 互いに課題や解決策を話し合うことで,解決の糸口が見えてきたり,肩の荷が軽くなったりしました。

活動の様子

前転

手と足を意識した側方倒立回転

器械運動系:後頭部からの順次接触を意識した前転の工夫

器械運動系:マットと手と足の接触を意識した側方倒立回転

側方倒立回転

投動作

器械運動系:側方倒立回転の指導の工夫

ボール運動系:フォームを意識した投げる練習

プレルボール

研究協議

ボール運動系:ネット型「プレルボール」

研究協議:「体育指導上の課題」について

このページに関するお問い合わせ

県総合体育センター
指導課研修係
電話099-255-0146
平日8時30分~17時15分
(土・日・祝日を除く)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?