ホーム > 教育・文化・交流 > 教育委員会について > 教育機関等 > 鹿児島県総合体育センター > 事業結果 > 学校体育 > 総合体育センター:授業ですぐに使える体育指導法講座2を実施しました

ここから本文です。

更新日:2018年11月28日

総合体育センター:授業ですぐに使える体育指導法講座2を実施しました

中学校・高等学校の先生方を対象とした「授業ですぐに使える体育指導法講座2」を実施しました。講座では,講義,実技,研究協議等を通して授業改善のための研修を行いました。

期日

平成30年11月22日(木曜日)

場所

鹿児島県総合体育センター体育館

日程及び研修内容

時間

内容

9時00分~9時10分 開講式  
9時10分~10時00分 講義 「学習指導要領の趣旨に基づいた体育の授業づくり」
10時10分~12時00分 実技 「陸上競技」
13時00分~15時20分 実技 「陸上競技」
15時30分~16時30分 研究協議 「学校体育経営上の課題」
16時30分~16時40分 閉講式  

活動の様子

新聞紙走り(陸上)

レジ袋ダッシュ(陸上)

実技:陸上競技(新聞紙走り)

実技:陸上競技(レジ袋ダッシュ)

クラウチングスタート(陸上)

ハードルづくり(陸上)

実技:陸上競技(クラウチングスタートの練習方法)

実技:陸上競技(ペットボトルハードルづくり)

シンクロリズムハードル(陸上)

タブレットフォームチェック(陸上)

実技:陸上競技(シンクロリズムハードル)

実技:陸上競技(ICT機器によるフォームチェック)

バトンパス(陸上)

研究協議(陸上)

実技:陸上競技(バトンパス)

研究協議:学校体育経営上の課題

受講者の感想

講義「学習指導要領の趣旨に基づいた体育の授業づくり」について

  • 新学習指導要領の変更点がよく分かりました。体育や保健の見方・考え方を意識して授業づくりを進めていこうと思います。
  • 自分自身の授業における評価が指導と一体化しているか,再確認しながら学ぶことができました。

実技「陸上競技」について

  • 様々な運動の行い方や場づくり,教具の工夫,ICT機器の活用の仕方など参考になりました。生徒が活発に活動する様子をイメージできる実技内容でした。
  • 走ることなどが苦手な生徒に合わせた運動から始まっており,どの生徒も「楽しい」と感じる内容であると思いました。早速授業で取り組んでみます。

研究協議「学校体育経営上の課題」について

  • 少人数での協議でしたが,全ての先生方の意見を聞くことができたので,大変勉強になりました。
  • 本校の課題や自分の疑問を一緒に考えていただき,解決につながりました。早速取り組んでみようと思います。

 

 

このページに関するお問い合わせ

県総合体育センター
指導課研修係
電話099-255-0146
平日8時30分~17時15分
(土・日・祝日を除く)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?