ホーム > 教育・文化・交流 > 教育委員会について > 教育機関等 > 鹿児島県総合体育センター > 事業結果 > 学校体育 > 総合体育センター:体育授業づくり来所研修「なるほど,わかった・できた!マット運動」~関わりを意識した授業づくり~を実施しました

ここから本文です。

更新日:2018年8月22日

総合体育センター:体育授業づくり来所研修「なるほど,わかった・できた!マット運動」~関わりを意識した授業づくり~を実施しました

全校種の先生方を対象とした夏季自主研修講座「体育授業づくり来所研修」を実施しました。第2回講座では,「なるほど,わかった・できた!マット運動」~関わりを意識した授業づくり~というキーワードで講義,実技,研究協議を通して授業づくりのための研修を行いました。

期日

平成30年8月10日(金曜日)

場所

鹿児島県総合体育センター体育館

参加人数

小学校12人,中学校8人,高等学校5人,特別支援学校5人,計30人

日程及び研修内容

時間

内容

9時20分~9時30分 オリエンテーション  
9時30分~10時00分 講義 学習指導要領の趣旨に基づいた授業づくり(器械運動系)
10時15分~11時00分 実技 器械運動系(マット運動)
11時10分~12時00分 実技 器械運動系(マット運動)
13時00分~13時50分 実技 器械運動系(マット運動)
14時00分~15時00分 実技 器械運動系(マット運動)
15時20分~16時20分 協議 体育指導上の課題
16時20分~16時30分 まとめ  

 

活動の様子

 

くも

ななめ棒

実技:マット運動(感覚つくりの運動)

実技:マット運動(感覚つくりの運動)

伸膝

三点倒立

実技:マット運動(易しい場での伸膝前転)

実技:マット運動(補助三点倒立)

側転考案

補助倒立

実技:マット運動(側方倒立回転指導の工夫)

実技:マット運動(補助倒立)

 

受講者の感想

講義「学習指導要領の趣旨に基づいた授業づくり(器械運動系)」

  • 器械運動は,スモールステップの段階的指導が大切だということを学びました。また,校種間を越えて学習指導要領を理解することで技能面の系統性を把握することができるのでじっくり読んでみたいと思いました。
  • 小学校の学習指導要領解説に「苦手な児童への配慮の例」が明記されたことを知り,苦手な児童をいかに楽しくさせられるかということについて考えさせられました。まずは,場づくりを工夫することで楽しい雰囲気をつくってあげたいと思いました。

実技「器械運動系(マット運動)」

  • マット運動における様々な指導法を学ぶことができました。スモールステップによる指導法は,学校に帰って実態に合わせながら活用していきたいと思いました。また,多くの先生方と指導法について考えることができ,とても役に立ちました。
  • 自分自身が「わかった・できた!」という体験ができて,子供たちにこのような体験をさせてあげることが大切だと思いました。今回,そのための手立てを学ぶことができたので2学期からの授業に生かしていきたいと思いました。
  • 実際に自分がマット運動をするのは不安がありましたが,補助をしてもらうことで,安心して技に挑戦することができました。適切な方法で最後まで補助をすることが安心につながることを実感しました。指導方法や声のかけ方,場づくり等,たくさん学ぶことができたので,これからの指導に生かしていきたいと思いました。

協議「体育指導上の課題」について

  • 同じ校種の先生方と現状や解決策を話し合うことができて大変有意義な時間となりました。経験豊富な先生方の話を聞くことができたので,2学期以降生かしていきたいと思いました。
  • 特に,器械運動に関しては,指導の難しさを感じていたので,協議の時間まであったのは,大変勉強になりました。マットの並べ方や場づくりに関して,具体例を挙げながら協議ができたので大変参考になりました。

 

このページに関するお問い合わせ

県総合体育センター
指導課研修係
電話099-255-0146
平日8時30分~17時15分
(土・日・祝日を除く)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?