ホーム > 教育・文化・交流 > 教育委員会について > 教育機関等 > 鹿児島県総合体育センター > 事業結果 > 学校体育 > 総合体育センター:中高保健体育実技講座2を実施しました

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574 直通:099-294-2200 全国統一ダイヤル:0570-0-78310

ここから本文です。

更新日:2020年12月2日

総合体育センター:中高保健体育実技講座2を実施しました

中学校・高等学校・特別支援学校の先生方を対象とした「中高保健体育実技講座2」を実施しました。講座では,講義,実技等を通して授業改善のための研修を行いました。

期日

令和2年11月26日(木曜日)

場所

県総合体育センター体育館(県体育館)

日程及び研修内容

時間

内容

9時10分~9時25分 受付  
9時30分~10時10分 講義 「学習指導要領の趣旨に基づいた体育の授業づくり」
10時30分~12時30分 実技 「陸上競技(短距離走・ハードル走)」
13時30分~16時00分 実技 「陸上競技(リレー・走り幅跳び・長距離走)」
16時00分~16時30分 実技 「課題別学習」

活動の様子

R2中高実技2講義

R2中高実技2リレー

講義:学習指導要領の趣旨に基づいた体育の授業づくり

実技:陸上競技

【リレー:バトンパス】

R2中高実技2ハードル1

R2中高実技2ハードル2

実技:陸上競技

【ハードル走:ハードル動きづくり】

実技:陸上競技

【ハードル走:変則インターバル走】

R2中高実技2幅跳び1

R2中高実技2幅跳び2

実技:陸上競技

【走り幅跳び:リズムアップの行い方】

実技:陸上競技

【走り幅跳び:助走距離の決め方】

R2中高実技2長距離走

R2中高実技2課題別学習

実技:陸上競技

【長距離走:姿勢づくり】

実技:課題別学習

【意見交換】

受講者の感想

講義「学習指導要領の趣旨に基づいた体育の授業づくり」について

  • 全ての子供が楽しさや喜びを味わう授業づくりに努める必要があることを改めて感じました。学習指導要領の活用をもっと行い,指導と評価が一体化となるよう学びを深めていきたいです。
  • 体育の授業では,今まで「する」ばかりに重点をおきがちでしたが,「みる」「支える」「知る」ことにも生徒達が意欲的に参加できるような授業づくりをしていきたいと思います。

実技「陸上競技」について

  • 記録にこだわりがちな陸上競技ですが,自己の記録をどのように伸ばしていくかという点で,段階的な指導を楽しく学ぶことができました。生徒が楽しく自主的に練習に取り組めるように場を工夫して授業づくりをしていきたいです。
  • 陸上競技につながる体ほぐしの運動では,走ることが苦手な生徒に対しての指導内容が多く参考になりました。全ての内容がすぐに授業に使える内容で本当に勉強になりました。
  • ハードル走ではハードリングを意識しすぎると難しいと思ってしまいますが,3歩をインターバルの距離にこだわらずに行うことで,自分でも何度も挑戦してみたいと思ったので,とても参考になりました。また,基本的な「形」「動き」「リズム」の段階的な指導法について知ることができたので実践していきたいです。
  • 走り幅跳びの踏み切りのリズムアップの行い方は手軽にできそうな内容であり,生徒も楽しく行うことができると思いました。また,生徒がよく悩んでいる踏み切り足の確認方法がわかったので,授業で伝えていきたいです。
  • 長距離走ではペースをつくるということの大切さがわかりました。今回実施した駅伝方式でのペース走は,体育館などを利用して長距離走の授業をするときに実践していきたいと思います。

 

 

このページに関するお問い合わせ

県総合体育センター
指導課研修係
電話099-255-0146
平日8時30分~17時15分
(土・日・祝日を除く)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?