更新日:2016年3月14日

ここから本文です。

電気

ホームページだけでなく,鹿児島県人事委員会が運用している「フェイスブック」と「ツイッター」でも職員の紹介等を行っています。

ホームページには掲載していない職員紹介等を「フェイスブック」と「ツイッター」で行っていますので,是非,そちらも合わせて御覧ください。

職種インフォメーション

主な勤務場所

知事部局の本庁など

主な職務内容

県庁舎等における電気設備の整備・維持管理,防災行政情報ネットワークの整備,公共建築設備の企画・設計・監理

職員紹介

土木部建築課営繕室 髙橋智宏

電気(髙橋さん)

異動経歴

  • 平成23年4月~危機管理防災課
  • 平成26年4月~工業用水課
  • 平成27年4月~現所属

現在どんな仕事をしているのですか。

県有建築物の新築・改修の電気設備工事について,設計・工事発注及び監理業務を行っています。設計・工事発注では,設計図面の作成や工事費の積算等を行い,工事を発注します。なお,設計においては,建物使用者の要望や美観を考慮し,安全で使いやすい施設となるように心がけて作業しています。工事監理では,工事現場の安全性の確保や環境に配慮した施工等により,高い品質が確保された施設の完成を目指し,工事を監理します。

以前はどんな仕事をしていたのですか。

危機管理防災課では,防災情報を県から市町村へ伝達するための通信システム等の整備や運用を担当しました。約20年ぶりの大規模なシステム改修を行う県防災行政無線再整備事業において,設計から工事監理まで一連の業務に携わりました。3年間で苦労した点も多くありましたが無事にシステムの完成を迎えられたことは貴重な経験となりました。

職場の雰囲気はいかがですか。

明るくとても和やかな雰囲気の職場だと思います。建築や機械設備など関係職員間で日頃からコミュニケーションをとり,フォローし合いながら業務を進めています。また,先輩職員の方々から気さくに声をかけてもらえるので,仕事で分からないことがあれば相談しやすい雰囲気があり,質問にも分かりやすく丁寧に教えてもらえます。

どんなときにやりがいを感じますか。

自分が設計や工事監理に携わった設備が無事に稼働し,利用する方々のために役立っていることを実感できたときに大きなやりがいを感じます。また,電気技師は,電気工事や通信工事など多様なニーズに対応する必要がある職種であり,県内各地で規模の大きな仕事ができることも魅力です。

(平成28年2月取材)

このページの先頭へ戻る

 

土木部建築課営繕室五代斉孝

電気

異動経歴

  • 平成12年~建築課設備室
  • 平成18年~港湾空港課
  • 平成21年~現所属

現在どんな仕事をしているのですか。

鹿児島県が建設する建物の電気設備について,設計及び工事監理業務を行っています。設計は,建物使用者と打合せを重ねながら設計図面を作成します。工事監理は,工事工程や出来形の管理を行い工事完成を目指します。また,近年ではトンネル及び道路の電気設備についても同様の業務を行います。入庁時からすると電気技師に対するニーズは多様化していると思います。

県の電気の職種を志望した理由は何ですか。

学生の頃から電気について興味を持っており,電気設備について専門の知識を身につけ,建築や機械設備などの専門職と協力しながら一つの施設を作り上げることに魅力を感じていました。県の電気技師は,県全体を仕事場にすることで,多くの方々との関わりや新たな発見など面白みを感じることも多いと思いました。また,何よりも県を通して地元に貢献できる職場に魅力を感じ志望しました。

印象に残っていることは何ですか。

母校の改修工事を行ったときは小規模でしたが,当時を思い出し感慨深いものがありました。近年では,聾学校の移転新設工事を基本設計から完成まで手がけ,施設利用者にとって設備の重要性を再認識できたことや約4kmのトンネル建設(照明・防災設備など)に携わり,建物とは異なる基準や考え方について学び,技術者として知見を磨くことができました。また,港湾空港課では,空港の管理に伴う安全性に関する業務を知れば知るほど,空港関係者の積み重ねられた日々の努力に感銘し,奥深さを感じたことなどがあります。

どんなときにやりがいを感じますか。

利用者の方からの期待の声が聞かれた時です。港の施設を建設中に離島出身の方などから「いつも利用するから完成が楽しみ」,トンネルを建設中に「開通すると安全になって子どもの通学が安心」などと何気なく街で聞こえる声にとてもやりがいを感じました。
よく建築と設備は人になぞらえて,建築は骨や皮膚,設備は血管や器官と言われることがあります。普段は目立ちませんが,今後施設が老朽化していくなかでより一層重要性が増す職種であり,鹿児島のために働けることを誇りに思います。

(平成27年4月取材)

このページの先頭へ戻る

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

人事委員会人事委員会事務局総務課

電話番号:099-286-3894

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?