更新日:2017年11月2日

ここから本文です。

土木

ホームページだけでなく,鹿児島県人事委員会が運用している「フェイスブック」と「ツイッター」でも職員の紹介等を行っています。

ホームページには掲載していない職員紹介等を「フェイスブック」と「ツイッター」で行っていますので,是非,そちらも合わせて御覧ください。

職種インフォメーション

主な勤務場所

本庁,各地域振興局など

主な職務内容

土木工事の企画・設計・施工監理,道路・河川・港湾などの整備管理

職員紹介

北薩地域振興局建設部 越迫 由香里

土木越迫さん

異動経歴

  • 平成16年4月~鹿屋土木事務所
  • 平成19年4月~鹿児島地域振興局建設部
  • 平成22年4月~瀬戸内事務所
  • 平成25年4月~河川課
  • 平成28年4月~現所属

現在はどのような仕事をしているのですか。

管内の河川・砂防・急傾斜地における設計・施工・管理等を行っており,人命・財産を保全するための施設整備(ハード対策)や,土砂災害の恐れのある区域の指定(ソフト対策)を行っています。また治水と環境との調和を目指して,専門家の意見を踏まえながら「多自然川づくり」も進めています。

本庁と出先機関の仕事の違いを教えてください。

本庁では主に県全体の各土木事業の予算編成,企画・立案,設計審査等を行っています。出先機関では各事業の執行や,地元要望の対応等が主となっており,本庁は国や出先機関との相互連携であるのに対して,出先機関は地域の建設業や住民の方々との関わりが深く,より地域に密着した仕事です。

印象に残っていることについて教えてください。

鹿屋土木事務所(現大隅地域振興局建設部)で経験した台風豪雨による災害です。当時は新人だったこともあり,一人前の仕事も出来ませんでしたが,上司や先輩方が温かくご指導くださったおかげで,災害査定から工事の完成まで何とか乗り越えることができました。地域の早期復旧に貢献できた当時の達成感を今でもよく覚えています。

土木の仕事のやりがいを教えてください。

土木のモノづくりは,設計コンサルタントと知恵を出し合い計画して,現場の方々と試行錯誤しながら工事を進めていきます。担当者としてのモノづくりへのこだわりが,設計者・施工者に伝わり,完成を迎えた瞬間,大きなやりがいを感じます。またその施設が効果を発揮して,感謝の声をいただいた時はとても嬉しく思います。

(平成29年2月取材)

このページの先頭へ戻る

土木部監理課 松園 博文

土木(松園さん)

異動経歴

  • 平成12年4月~宮之城土木事務所
  • 平成15年4月~加治木土木事務所
  • 平成18年4月~大島支庁土木課
  • 平成19年4月~大島支庁建設部
  • 平成21年4月~河川課(平成23年10月~平成23年12月和歌山県(派遣))
  • 平成24年4月~熊毛支庁建設部
  • 平成27年4月~現所属

現在どんな仕事をしているのですか。

土木部における公共事業予算の編成にあたり,方針案の作成や調整などの先導的な取組みを行っています。また,土木行政を広く理解してもらうため,「インフラ整備に係るホームページ作成」や「職員の子ども職場見学会の講師」といった業務にも携わってます。このように仕事の幅が広く,大変,有意義な毎日を送っています。

和歌山県ではどんな仕事をしていたのですか。

平成23年8月に紀伊半島を台風12号が襲来し,多くの人命を奪うとともに甚大な被害をもたらしました。災害からの早期復旧を目的に応援派遣され,被災現場の調査や国への災害申請に携わりました。鹿児島県とは異なる考え方もあり知見を広げられ,また,他県からの応援派遣者との交流もあり,貴重な体験をさせてもらいました。

離島での勤務はいかがでしたか。

鹿児島は,離島人口・面積ともに全国1位の離島県です。奄美大島と種子島に計6年間勤務し,道路維持管理や港湾整備などの業務を通じ,地域の方々の温かさに触れられました。離島へは,家族で行ったので,奄美の亜熱帯林やエメラルドグリーンの海,種子島の鉄砲伝来の歴史やロケット打上げなど,貴重な地域資源に直接触れることができ,良き思い出となりました。

どんなときにやりがいを感じますか。

「現場の技術者と試行錯誤しながら,道路や砂防ダムといった1つのインフラを造りあげた達成感」,「苦情処理等で現場に出向き,問題解決が図られ,地域の方からの感謝の言葉による地元との一体感」,「難題にぶつかった際,職場の先輩や同僚と意見を交わし,解決したチームワーク」。これらを実感したときです。

(平成28年2月取材)

このページの先頭へ戻る

 

土木部道路維持課内藤 哉良

合体内藤

異動経歴

  • 平成18年~鹿屋土木事務所
  • 平成19年~大隅地域振興局建設部
  • 平成21年~大島支庁建設部
  • 平成24年~東京事務所(国土交通省派遣)
  • 平成26年~現所属

現在どんな仕事をしているのですか。

道路施設の老朽化対策に主眼を置き,長寿命化修繕計画の策定や点検・診断・措置・記録のメンテナンスサイクルの構築・運用に取り組んでいます。県や市町村の財政不足,人不足,技術不足が懸念される中,各道路管理者が相互に連携し,総力を挙げて取組強化を図っており,絶えず新たな施策を検討するやりがいのある仕事です。

国土交通省ではどんな仕事をしていたのですか。

審議会の運営や省内会議で老朽化対策に係る政策方針を決定するほか,国土形成計画や社会資本整備重点計画などの法定計画の策定,災害対策等緊急事業推進費等の調整費に係る取りまとめ,省内旧建設省や地方整備局企画部等に対する調整窓口,業界紙や講演会の原稿執筆,国会の答弁調整などを行っていました。

派遣されて印象に残っていることは何ですか。

省内の各事業部局を分野横断的に取りまとめる立場であり,分野・施設の特性に応じた施策や取組を俯瞰的に把握することができました。また,下水道,官庁施設,鉄道,航路標識といった,本県にない管理施設が多く,特有の歴史と伝統を継承した維持管理手法,技術の進展など,様々な工夫事例を見ることができました。

現在の職場の雰囲気はいかがですか。

現在の職場では,私見も尊重し,自発的な業務遂行と大きな責任を任せていただき,上司や先輩から的確な方向付けと指導を受けており,業務を円滑に進めることができます。特に技術は経験工学とも言われ,常に高い目的意識を持ち,広い視野で業務に取り組む諸先輩方が多く,自己研鑽に適した職場環境です。

(平成27年2月取材)

このページの先頭へ戻る

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

人事委員会人事委員会事務局総務課

電話番号:099-286-3894

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?