更新日:2017年11月2日

ここから本文です。

農業

ホームページだけでなく,鹿児島県人事委員会が運用している「フェイスブック」と「ツイッター」でも職員の紹介等を行っています。

ホームページには掲載していない職員紹介等を「フェイスブック」と「ツイッター」で行っていますので,是非,そちらも合わせて御覧ください。

職種インフォメーション

主な勤務場所

本庁,各地域振興局,農業開発総合センターなど

主な職務内容

農村振興施策の企画実施,農業の技術・経営指導,試験研究

職員紹介

大隅加工技術研究センター 岡田 大士

農業岡田さん

異動経歴

  • 平成4年4月~高山農業改良普及所
  • 平成7年4月~瀬戸内農業改良普及所
  • 平成10年4月~農産物加工研究指導センター
  • 平成19年4月~経営技術課
  • 平成22年4月~農業開発総合センター
  • 平成25年4月~経営技術課
  • 平成27年4月~現所属

現在どのような仕事をしているのですか。

農産加工の事業者やこれから加工を始めようとする方を支援する業務に携わっています。具体的には,総合相談窓口を設置し,事業者が抱えている加工技術や販路拡大等の課題について,研究員や関係機関等と連携しながら解決を図っています。また,各種研修会を企画し,事業者のスキルアップなどの人材育成も行っています。

センターでの仕事と本庁での仕事の違いを教えてください。

センターでは,新たな加工技術の開発や事業者への各種支援など,現場最前線での業務となりますので,技術と即戦力が求められます。本庁では,農業施策等の企画立案やそれに必要な予算編成,国や関係機関との調整など県政の方向性を定める業務となります。センター業務も本庁で定めた施策の一環として行われます。

様々な部署を経験して,良かったと思うことを教えてください。

これまで,普及指導・研究・農業行政など様々な部署での業務に携わることで,幅広い知識・経験を得られたことはもちろん,いろんな職種の職員と知り合うことができました。困難な業務で行き詰まった時に気軽に相談できるなど,今となっては大きな財産となっています。

農業の仕事のやりがいを教えてください。

センターでは,事業者からの相談事案に対しセンター職員で知恵を出し合い試行錯誤しながら解決します。その成果に対して相談された事業者の方に感謝されたときや,加工品が商品化され市販されたものを手にするととても感慨深い思いがあります。

(平成29年2月取材)

 

農政部経営技術課 加治木 慎

農業(加治木さん)

異動経歴

  • 平成18年4月~姶良農業改良普及センター
  • 平成19年4月~姶良・伊佐地域振興局農林水産部
  • 平成22年4月~農政課
  • 平成25年4月~現所属

現在どんな仕事をしているのですか。

農業を新たに始める方(新規就農者)や始めて間もない方(青年農業者)に対する支援を担当しています。具体的には,青年農業者が組織する協議会の事務局を担当し,研修会の企画・運営等を通じて,青年農業者の資質向上や仲間作りをお手伝いしています。また,経営が不安定な新規就農者に対する補助金「青年就農給付金(経営開始型)」の業務を担当しています。

以前はどんな仕事をしていたのですか。

姶良農業改良普及センター(姶良・伊佐地域振興局農政普及課)では,普及指導員として,水稲等の技術指導や集落営農の話し合い活動の支援,青年農業者の育成支援をしていました。また,農政課では,農業災害に関する業務や農業用機械・施設等の整備に関する補助金事務,県議会産業経済委員会との調整事務等をしていました。

印象に残っていることは何ですか。

姶良農業改良普及センター(姶良・伊佐地域振興局農政普及課)に在籍していたときに支援していた農業者の方々とは,個々の経営や地域の課題を解決するため,一緒に考え,一緒に悩み,一緒に実践する中で,本当にいろいろなことを教わりました。その方々と今でもお付合いが続いているのは,農業の職種としての財産です。

職場の雰囲気はいかがですか。

嬉しいことがあるときも,悩みがあるときも,すぐに皆で共有できる雰囲気ができています。定期的な飲み会に限らず,大きな業務が一段落したときにも飲み会をしたり,皆でボーリング大会やソフトボール大会に出場したりして,心身のリフレッシュをするなど,良好な人間関係が構築できていると思います。

(平成28年2月取材)

 

農政部農産園芸課平山 あゆみ

合体平山

異動経歴

  • 平成5年~農蚕園芸課
  • 平成6年~流通園芸課
  • 平成8年~大口農林事務所
  • 平成11年~加世田農林水産事務所
  • 平成14年~曽於農業改良普及センター
  • 平成18年~大島支庁農林課
  • 平成19年~大島支庁農林水産部
  • 平成21年~農業経済課
  • 平成24年~現所属

現在どんな仕事をしているのですか。

全国有数の花きの産地である本県花きの振興を担当しています。具体的には本県産花き(キク,ユリ等)の消費拡大推進,花きの補助事業の導入推進,また,生産者組織や花きの協議会等の事務局などを担当し,花きの生産振興やPR活動業務を通して,多くの方が「かごしまの花」に触れる機会がより増えるよう取り組んでいます。

農業の職種では他にどのような仕事がありますか。

鹿児島県は全国有数の農業生産県であり,そのサポート役として農政部の中にも様々な業務・職種があります。農業職では,行政の他,農業技術の開発と担い手育成を行う農業開発総合センター,農家に直接接して農業技術や経営指導に当たる普及指導員など,それぞれが連携して責任ある業務を担っています。

離島での勤務はいかがでしたか。

奄美大島の大島支庁で3年間勤務しました。奄美群島すべてが担当地域であり,その市町村の方々と連携して離島の農業振興に取り組みました。各島に出張することもあり,現場を見て離島振興の必要性を強く感じました。また,仕事以外でも離島のすばらしい自然と伝統文化,地元の方の温かい人柄に触れ,公私ともに充実した3年間でした。

どんなときにやりがいを感じますか。

農業職として,農業振興のための各種施策に取り組んでいますが,現在は花き担当として,生産者,市場,流通,生花商など花き産業に携わる方々とともに,本県産花き振興対策を進め,それが生産者の農業所得向上につながることにやりがいを感じます。これからも元気な農業県「本物。鹿児島県」の一員として頑張ります。

(平成27年2月取材)

このページの先頭へ戻る

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

人事委員会人事委員会事務局総務課

電話番号:099-286-3894

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?