ホーム > 会議録(平成27年) > 定例公安委員会(平成27年1月7日(水曜日))

ここから本文です。

更新日:2015年1月28日

定例公安委員会(平成27年1月7日(水曜日))

1

(1)平成27年三が日における初詣の人出数について

平成27年三が日における県内の神社等への初詣の人出数は,元日と2日が悪天候であったことが影響し,昨年を下回ったこと及び同期間中,延べ220人の警察官による雑踏警備を実施した結果,大きな事件・事故の発生はなかった旨の報告があった。

(2)年末・年始期間(12月24日~1月6日)における交通事故の発生状況について

平成26年12月24日~平成27年1月6日の期間中における交通事故は

  • 発生件数363件
  • 死者数5人
  • 負傷者数451人

であったこと並びに同期間中,霧島警察署,鹿児島西警察署,阿久根警察署,出水警察署及び枕崎警察署管内で発生した死亡事故の概要について報告があった。
また,平成26年中の交通事故は

  • 発生件数8,421件(前年比-786件)
  • 死者数94人(前年比+3人)
  • 傷者数9,883人(前年比-1,059人)

であり,第9次交通安全計画に掲げた年間の交通事故死者数62人以下という目標は達成できなかったが,死傷者数1万人以下という目標については達成できた旨の報告があった。

委員から,

平成26年中は,交通事故死者数が前年比3人の増加となり,第9次交通安全計画の目標を大きく超過した。

交通死亡事故抑止が今年の課題である。

旨の発言があり,県警察から

昨年は,高齢者が犠牲となる事故が全体の6割超を占めていることから,引き続き高齢者対策を推進することにしている。

また,例年と比較して15歳未満の子どもや壮年層の犠牲者も多かったことから,これらの者に対する事故防止対策が必要である

旨の説明があった。

(3)鹿児島県情報公開・個人情報保護審査会における公安委員会説明について

鹿児島県個人情報保護条例第42条の規定に基づき,県公安委員会が県情報公開・個人情報保護審査会に諮問している案件について,県情報公開・個人情報保護審査会から,諮問実施機関(鹿児島県公安委員会)による説明が求められており,本年1月15日,警察本部の担当者が同審査会において,処分理由を説明する旨の報告があった。

2

警察本部から,風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例の一部改正について説明があり,原案どおり決定した。

 

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る