ホーム > 会議録(平成27年) > 定例公安委員会(平成27年7月7日(火曜日))

ここから本文です。

更新日:2015年8月10日

定例公安委員会(平成27年7月7日(火曜日))

1

(1)第2回鹿児島県警察の機能強化を考える懇話会」の開催結果について

年6月26日,6人の懇話会委員出席の下,「第2回鹿児島県警察の機能強化を考える懇話会」を開催し,

  • 若手警察官の育成
  • 女性の視点を一層反映した警察運営の推進

について審議した旨の報告があった。

員からは,

民間でも若手の育成については課題となっている。

また,女性職員の職場環境についても改善して,女性職員の更なる活躍を期待したい。

今後も懇話会委員に対して問題点をしっかり説明して審議を活発化し,機能強化に努めてもらいたい。

旨の発言があった。

(2)成27年第1回鹿児島県留置施設視察委員会会議結果について

年6月9日開催の平成27年度第1回鹿児島県留置施設視察委員会会議で検討された

  • 留置施設における1日の食事の摂取カロリー過多
  • 留置担当官のメンタルヘルス対策

についての改善方策及び平成27年度視察活動計画の報告があった。

員からは

職員のメンタルヘルス対策については,本年から採用された臨床心理士を活用するなどして万全を期されたい。

旨の発言があった。

(3)成27年第2回県議会定例会の結果について

年6月8日から6月26日まで開催された,平成27年第2回県議会定例会における代表質問,一般質問の答弁内容及び文教警察委員会における主な質問と答弁内容について報告があった。

(4)察事案の報告について

察本部から,監察事案について報告があった。

(5)鹿児島県情報公開・個人情報保護審査会からの答申結果について

成25年7月,県内居住の男性が県警察に対して行った公文書開示請求に対し,警察本部長が一部開示決定の処分をしたことを不服として,平成25年10月,同男性から公安委員会に審査請求がなされたことから,鹿児島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問していたところであるが,同審査会から「鹿児島県警察本部長が審査請求の対象となった保有個人情報を一部開示とした決定は妥当である。」旨の答申を受理したとの報告があった。

員からは,

答申を踏まえ,適切に対応されたい。

旨の発言があった。

(6)定暴力団組員等に対する中止命令の発出について

年1月5日,鹿児島市内において,指定暴力団四代目小桜一家系組員男(32歳)が,同市居住の男性に対し,自己が所属する指定暴力団の威力を示して,金品その他の財産上の利益の贈与をみだりに要求し,鹿児島市居住の男2人(34歳,19歳)が前記要求を現場助勢したとして,本年7月1日,組員男に対し,暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に基づく中止命令(不当贈与要求行為の禁止),男2人に対し,同中止命令(暴力的要求行為に伴う現場助勢行為の禁止)を発出した旨の報告があった。

(7)通事故の発生状況(6月30日~7月6日)

記期間中における本県の交通事故は,

  • 発生件数168件
  • 死者数2
  • 負傷者数202人

で,本年7月6日までの累計は,

  • 発生件数3988件(前年比-234件)
  • 死者数37人(前年比-12人)
  • 負傷者数4712人(前年比-230人)

であったこと及び期間中,南九州警察署管内で発生した2件の交通死亡事故の概要について報告があった。

2

(1)運転免許の取消処分について

察本部から,21人に対する運転免許の取消処分について説明があり,原案どおり決定した。

(2)交通規制の実施及び廃止について

察本部から,薩摩郡さつま町内の交通規制の実施及び廃止について説明があり,原案どおり決定した。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る