ホーム > 会議録(平成27年) > 定例公安委員会(平成27年8月18日(火曜日))

ここから本文です。

更新日:2015年9月15日

定例公安委員会(平成27年8月18日(火曜日))

1

(1)事案件について

察本部から人事案件について報告があった。

(2)察実施結果等について

年4月から6月までの警察本部による総合監察,随時監察の実施状況及び九州管区警察局による総合監察等の受監状況について報告があった。
員からは

他所属においても,その後の監察で同じ指摘等を受けることのないように万全を期すこと。

との発言があった。

(3)成27年度三県警察学校対抗柔道・剣道親善試合の開催結果について

年8月5日,本県警察学校で開催された鹿児島,熊本及び宮崎県警察学校の初任科生対抗の柔道・剣道親善試合において,柔道・剣道ともに本県警察が優勝した旨の報告があった。

(4)成27年度県下警察通信指令・無線通話技能競技会の開催結果について

年7月29日,初動警察活動における事案対応能力等の向上を図る目的で,県下通信指令・無線通話技能競技会を開催し,枕崎警察署チームが優勝したこと及び同署と警察本部通信指令室の警察官が,本年9月29日,東京の警察大学校で開催される全国大会に本県代表者として出場する旨の報告があった。

(5)手地域警察官技能競技会(三種競技会)の開催結果について

年8月6日,県内6ブロックから選出された実務経験3年未満のブロック代表警察官による若手地域警察官技能競技会(三種競技会)を開催した旨の報告があった。
競技会は,実務経験の浅い若手警察官に,交番等に勤務する地域警察官の職務の基本となる巡回連絡,職務質問及び相談受理の三種業務について競わせ,若手警察官の対話能力や相談に関しての適切な指導や教示の判断能力を向上させる目的で開催されたもので,鹿児島中央警察署の細田巡査が優勝した旨説明があった。

(6)成27年上半期におけるサイバー犯罪対策の現状について

年上半期におけるサイバー犯罪の検挙状況及びサイバー犯罪等に関する相談の受理状況並びに県警察によるサイバーセキュリティカレッジの開催状況等について報告があった。

また,警察職員のこれら犯罪への対処能力の向上を図るためにサイバー検定を実施したこと及び新規委嘱9人を含む民間のサイバー防犯ボランティア全22人で活動を実施している旨の説明があった。

(7)通事故の発生状況(8月4日~8月17日)について

記期間中における本県の交通事故は,

  • 発生件数330件
  • 死者3人
  • 負傷者402人

で,本年8月17日までの累計は,

  • 発生件数4,920件(前年比-238件)
  • 死者47人(前年比-11人)
  • 負傷者5,837人(前年比-211人)

であったこと及び期間中,薩摩川内警察署,阿久根警察署及び鹿児島西警察署管内で発生した交通死亡事故の概要について報告があった。

(8)内原子力発電所再稼働に伴う警備措置結果について

察本部から,川内原子力発電所再稼働に伴う警備措置結果について報告があった。

2

(1)転免許の取消処分について

察本部から,26人に対する運転免許の取消処分について説明があり,原案どおり決定した。

(2)情に関する調査結果等について

察本部から,平成27年6月22日に受理した県内居住の女性からの公安委員会に対する苦情に関する調査結果及び回答案について説明があり,原案どおり決定した。

察本部から,平成27年6月29日に受理した県外居住の男性からの公安委員会に対する苦情に関する調査結果及び回答案について説明があり,原案どおり決定した。

(3)見・要望処理結果等について

察本部から,平成27年6月1日に受理した県内居住の男性からの公安委員会に対する意見・要望に関する調査結果及び回答案について説明があり,原案どおり決定した。

(4)動車運転代行業者に対する行政処分について

察本部から,自動車運転代行業者に対する行政処分(認定取消)について説明があり,原案どおり決定した。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る