ホーム > 会議録(平成27年) > 定例公安委員会(平成27年10月6日(火曜日))

ここから本文です。

更新日:2015年10月28日

定例公安委員会(平成27年10月6日(火曜日))

1

(1)事案件について

察本部から人事案件について報告があった。

(2)察事案の報告について

察本部から監察事案2件について報告があった。

(3)殊事件(身の代金目的誘拐,人質立てこもり等)捜査訓練の実施状況について

殊事件発生時における捜査技術の習得及び組織的対応能力の向上を目的に,県警察では春の異動後,9月末現在,機能別訓練,総合訓練及び警察庁合同訓練等の各種訓練を26回実施するとともに,今後,事案の初動対応を想定したブロックごと,警察署ごとの訓練や夜間,休日等の発生を想定したブラインド方式の訓練を実施する方針である旨の報告があった。
員からは,

様々な事件発生に備え,このような訓練を実施することは非常に大切であり,県民としても安心できる。

今後もしっかりと訓練を実施してもらいたい。

旨の発言があった。

(4)通事故の発生状況(9月29日~10月5日)について

記期間中における本県の交通事故は,

  • 発生件数177件
  • 死者2人
  • 負傷者202人

で,本年10月5日までの累計は,

  • 発生件数5,978件(前年比-323件)
  • 死者54人(前年比-15人)
  • 負傷者7,118人(前年比-281人)

であったこと及び期間中,鹿屋警察署及び枕崎警察署管内で発生した交通死亡事故の概要について報告があった。

2

転免許の取消処分について

察本部から,15人に対する運転免許の取消処分について説明があり,原案どおり決定した。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る