ホーム > 会議録(平成27年) > 定例公安委員会(平成27年10月27日(火曜日))

ここから本文です。

更新日:2015年11月25日

定例公安委員会(平成27年10月27日(火曜日))

1

(1)成27年第3回県議会定例会の結果について

年9月14日から10月9日まで開催された,平成27年第3回県議会定例会における代表質問,一般質問の答弁内容及び文教警察委員会における主な質問内容について報告があった。

(2)監査委員による平成27年度定期監査(前期)結果について

年7年4月22日から9月10日までの間,県監査委員が警察本部(本庁)及び6警察署に対し実施した財務に関する事務の執行についての定期監査(前期)結果が県公安委員会に提出された旨の報告があった。
査の結果,指摘事項はなく,

  • 公用車の物品事故が複数あり,損害が発生している。
  • 交通事故が複数あり,公用車等に損害が発生している。

等として,5件の文書注意がなされ,同結果については,10月9日に鹿児島県公報で公表されており,今後,改善措置等の結果について公安委員会から監査委員あてに通知し,同改善措置結果についても,鹿児島県公報で公表される旨の報告があった。
員からは,

県警では職員の安全運転競技会等を計画しているようだが,各種施策を講じて交通事故による損害発生を抑止してもらいたい。

旨の発言があった。

(3)察実施結果等について

年7月から9月までの警察本部による総合監察,随時監察の実施状況及び警察庁等による総合監察等の受監状況について報告があった。

(4)成27年秋の叙勲等受章者の決定について

成27年秋の叙勲等受章者が決定し,警察功労叙勲(第25回危険業務従事者叙勲)として,瑞宝小綬章2人,瑞宝双光章18人,瑞宝単光章4人の計24人が受章した旨の報告があった。

(5)家賠償請求事件の発生について

年10月5日,千葉県居住の男女2人が,鹿児島県を相手に総額約9,160万円の損害賠償請求の訴えを起こした旨の報告があった。

(6)察事案の報告について

察本部から監察事案について報告があった。

(7)通事故の発生状況(10月13日~10月26日)について

記期間中における本県の交通事故は,

  • 発生件数327件
  • 死者4人
  • 負傷者396人

で,本年10月26日までの累計は,

  • 発生件数6,440件(前年比-333件)
  • 死者60人(前年比-19人)
  • 負傷者7,664人(前年比-266人)

であったこと及び期間中,阿久根警察署管内で2件,さつま警察署及び徳之島警察署管内で各1件発生した交通死亡事故の概要について報告があった。

(8)内原子力発電所再稼働に伴う警備措置結果について

察本部から,川内原子力発電所再稼働に伴う諸警備措置結果及び再稼働後の状況について報告があった。

2

(1)転免許の取消処分について

察本部から,14人に対する運転免許の取消処分について説明があり,原案どおり決定した。

(2)例施設占有者の指定に関する申請書等の受理,指定について

察本部から,遺失物法に基づく特例施設占有者の指定に関する申請受理,指定について説明があり,原案どおり決定した。

(3)銃及び空気銃の取扱い等の講習に関する規則の一部改正について

察本部から,猟銃及び空気銃の取扱い等の講習に関する規則の一部改正について説明があり,原案どおり決定した。

(4)置違反金納付命令に係る車両の使用制限処分について

察本部から,道路交通法等に基づく放置違反金納付命令に係る車両の使用制限処分について説明があり,原案どおり決定した。

(5)通規制(信号機新設)の実施について

察本部から,県内4か所の交通規制(信号機新設)の実施について説明があり,原案どおり決定した。

(6)定自動車教習所の指定及び検査等に関する規則の一部改正について

察本部から,指定自動車教習所の指定及び検査等に関する規則の一部改正について説明があり,原案どおり決定した。

(7)察法第60条第1項の規定に基づく警察職員の援助要求受諾について

察本部から,他県警察からの警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員の援助要求について説明があり,受諾が決定した。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る