ホーム > 定例公安委員会(平成28年2月2日(火曜日))

ここから本文です。

更新日:2016年3月9日

定例公安委員会(平成28年2月2日(火曜日))

1

(1)成27年10月~12月の鹿児島県情報公開・個人情報保護条例に基づく開示請求の処理状況について

成27年10月から12月末までの鹿児島県情報公開条例に基づく開示請求については,

  • 警察本部長の請求受理が23件,決定が7件
  • 平成27年末合計の請求受理は計40件(前年比+25件)
  • 公安委員会の請求受理はなし

成27年10月から12月末までの鹿児島県個人情報保護条例に基づく開示請求については,

  • 警察本部長の請求受理が16件,決定が20件
  • 平成27年末合計の請求受理は計59件(前年比-19件)
  • 公安委員会の請求受理はなし

であった旨の報告があった。

(2)苦情事案の受理・処理状況(平成27年10月~12月)について

成27年10月から12月末までの警察あての苦情事案は計18件であり,平成27年中の累計は,計57件(前年比+7件)であった旨の報告があった。
員からは,

警察側に非のある苦情については,当該所属以外の各所属に通報しているのか。

旨の発言があり,県警察から

各署に毎月通報し,再発のないように指導をしている。

旨説明があった。

(3)成28年度警察費当初予算(案)の概要について

成28年度警察費当初予算(案)の概要及び主な重点施策について報告があった。

(4)察事案について

察本部から,監察事案1件について報告があった。

(5)察実施結果(平成27年10月~12月)について

記期間中の警察本部による総合監察・随時監察の実施状況及び九州管区警察局による総合監察等の受監結果について報告があった。
員から

監察後の受監署への対処はどうしているか。

旨の発言があり,県警察から

対象所属に通知の上,その後,検証監察を実施している。

旨説明があった。

(6)身安全関連事案対処プロジェクトチームの運用による事案対処について

年1月24日,人身安全関連事案対処プロジェクトチームの運用により,県外居住の39歳男が県内女性方に窓ガラスを割って侵入したとして,器物損壊と住居侵入の罪で逮捕した旨の報告があった。

(7)成27年中における少年非行等の概況等について(暫定値)

内における平成27年中における少年非行等の概況等について,

  • 刑法犯少年は363人,補導された少年は3,134人で,いずれも平成21年以降,毎年減少している。
  • 少年の福祉を害する福祉犯検挙は,青少年保護育成条例違反28件,未成年者喫煙禁止法違反26件,児童買春・児童ポルノ法違反16件等計92件で,前年比+11件と増加している。
  • 児童虐待事案の認知は117件,児童相談所に通告した児童数は101人であった。

旨の報告があった。

(8)通事故の発生状況(1月26日~2月1日)について

期期間中における県内の交通事故は,

  • 発生件数161件(前年比-25件)
  • 死者なし(前年比-1人)
  • 負傷者182人(前年比-49人)

で,本年2月1日までの累計は,

  • 発生件数609件(前年比-68件)
  • 死者2人(前年比-7人)
  • 負傷者725人(前年比-84人)

であった旨の報告があった。

(9)「爆発物原料の取扱いに係るテロ対策研修会」の開催結果について

年5月の伊勢志摩サミット,2020年のオリンピック,パラリンピック東京大会を見据え,爆発物を使用したテロ防止対策の一環として,本年1月31日,県警察と県薬剤師会共催による「爆発物原料の取扱いに係るテロ対策研修会」を開催した旨の報告があった。

2

(1)情に関する調査結果等について

察本部から,平成27年12月3日に受理した県内居住の男性からの公安委員会に対する苦情に関する調査結果及び回答案について説明があり,原案どおり決定した。

(2)運転免許の取消処分について

察本部から,23人に対する運転免許の取消処分について説明があり,原案どおり決定した。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る