ホーム > 定例公安委員会(平成28年2月16日(火曜日))

ここから本文です。

更新日:2016年3月9日

定例公安委員会(平成28年2月16日(火曜日))

1

(1)児休業者支援セミナーの開催結果について

本県警察において推進中の女性の視点を一層反映した警察運営に関する各種施策の一環として,本年1月20日,警察本部において「育児休業者支援セミナー」を開催し,育児休業中の女性警察職員31人が参加した旨の報告があった。

このセミナーは,育児休業中の女性職員が抱える職場復帰後の仕事と育児の両立に関する不安の軽減を図り,育児休業後の円滑な職場復帰及び女性警察職員の活躍を推進する目的で行われ,警察本部内には臨時託児所も設置し,参加者からは,

育児休業中の職員同士,同じ悩みや不安を抱えていることが分かり安心した。

同じ立場の人と話ができ,前向きに考えることができるようになった。

等の意見があった旨の説明があった。

(2)性暴力被害者サポートネットワークかごしま」の運用開始について

府が策定した第2次犯罪被害者等基本計画において掲げられた「性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センターの設置促進」に基づき,性暴力被害者から相談を受けた機関が確実に連携・協力して被害直後からの相談対応,医療支援,捜査関連の支援等を行うことにより,安心して相談できる環境を整備し,性暴力被害者の早期回復を図る目的で,平成28年2月10日,公益社団法人かごしま犯罪被害者支援センター,鹿児島県産婦人科医会,鹿児島県,県警察による「性暴力・性犯罪被害者への支援における連携・協力に関する協定」を締結した旨の報告があった。

員からは,

より一層の連携を深め,性暴力被害者の負担軽減を図られたい。

旨の発言があった。

(3)警察庁による平成27年度会計監査の受監結果について

成27年12月2日から同月4日までの3日間,警察本部内の16所属及び11警察署が九州管区警察局による平成27年度の会計監査を受監し,その結果報告があった。

(4)察事案について

察本部から,監察事案2件について報告があった。

(5)戒処分等の推移及び平成27年中の状況について

察本部から,全国及び本県の懲戒処分等の推移及び平成27年中の状況について報告があった。

(6)ストーカー規制法に基づく警告の実施について

成28年2月3日,40代女性に対する住居への押し掛け等の行為者(20代男性)に対して,ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告を行った旨の報告があった。

員からは,

この種事案は,非常通報装置や防犯カメラを活用するなど,万全の保護対策を講じてもらいたい。

旨の発言があった。

(7)成27年中におけるサイバー犯罪対策の現状について

成27年中におけるサイバー犯罪対策の現状について,インターネット利用犯罪の検挙は

  • 不正アクセス禁止法違反1件
  • コンピュータ・電磁的記録対象犯罪1件
  • ネットワーク利用犯罪29件

の合計31件で,インターネット利用犯罪等に関する相談は合計2,934件(前年比+316件)であったこと及びサイバー犯罪対策として,各大学等からの要請に基づくサイバーセキュリティカレッジを82回開催したほか,警察 職員を対象としたサイバー検定を40回実施したこと,鹿児島県インターネット防犯連絡協議会を開催し,インターネットプロバイダ等との情報交換等を行った旨の報告があった。

(8)事部関係の事件事故の発生・検挙について(3件)

  • 本年2月上旬頃,枕崎市居住の70代女性に「枕崎市内に老人ホームを建設予定である。枕崎市の居住者しか入所できないが,福島県の人が入所を希望しており,その人が申込金の振込先を間違えたので,400万円を立て替えてほしい。」などと持ちかけ,東京都内の指定した場所に現金400万円を送付するよう指示し,騙し取ろうとしたとして,東京都内において,住居不詳の19歳少年を詐欺未遂で現行犯逮捕した旨の報告があった。本件では,騙されているのではないかと心配になった被害者が警察に相談し,受取役が現金送付先に受領に来る可能性が高かったため,「だまされた振り作戦」を実施し,秘匿配置中の捜査員が少年の身柄を確保した旨説明があった。
  • 平成27年6月上旬頃から本年1月下旬頃までの間,鹿児島市内において,鹿児島県暴力団排除条例が禁止している区域内に暴力団事務所を開設・運営したとして,本年2月10日までに,暴力団神戸山口組四代目山健組薩州連合会会長の男(54歳),同会幹部の男(52歳),同会組員の男(49歳),土木作業員の男(43歳)を同条例を初適用して通常逮捕したこと,及び平成24年8月下旬頃,県内の金融機関において,自身が暴力団組員であることを秘して口座開設を申し込み,総合口座通帳等を騙し取ったとして,同会幹部の男(51歳)を詐欺の容疑で通常逮捕した旨の報告があった。
  • 本年2月9日から同10日頃,大島郡徳之島町から鹿児島市城南町の鹿児島新港までの間,軽四輪乗用自動車内に覚醒剤約100キログラムを所持したとして,暴力団神戸山口組系幹部の男(49歳)等5人を覚せい剤取締法違反で逮捕した旨の報告があった。

(9)通事故の発生状況(2月2日~2月15日)について

期期間中における県内の交通事故は,

  • 発生件数261件(前年比-46件)
  • 死者2人(前年比-3人)
  • 負傷者306人(前年比-57人)

で,本年2月15日までの累計は,

  • 発生件数870件(前年比-110件)
  • 死者4人(前年比-10人)
  • 負傷者1,031人(前年比-134人)

であった旨の報告があった。

(10)成27年中における公安委員会の決裁,専決処分等について

成27年中の公安委員会決裁の状況及び県警察による専決処分の状況等について報告があった。

2

(1)交番,駐在所等の名称,位置及び所管区に関する規則」の一部改正について

察本部から,「交番,駐在所等の名称,位置及び所管区に関する規則」の一部改正について説明があり,原案どおり決定した。

(2)動車運転代行業者に対する行政処分(認定取消処分)について

察本部から,自動車運転代行業者に対する行政処分(認定取消処分)について説明があり,原案どおり決定した。

(3)転免許の取消処分について

察本部から,20人に対する運転免許の取消処分について説明があり,原案どおり決定した。

(4)察法第60条第1項の規定に基づく警察職員の援助要求の受諾について

察本部から,警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員の援助要求の受諾について説明があり,原案どおり決定した。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る