ホーム > 定例公安委員会(平成28年2月23日(火曜日))

ここから本文です。

更新日:2016年3月29日

定例公安委員会(平成28年2月23日(火曜日))

1

(1)成28年度鹿児島県警察組織改編の概要について

成28年度,県警察では

  • 人身安全関連事案対策の強化
  • 特殊詐欺対策の強化
  • 交通死亡事故抑止対策の強化
  • 鹿児島中央署「天文館対策課」の名称変更
  • 総合的な捜査支援体制の強化
  • 訟務事案への的確な対応

のため,組織改編を行う旨の報告があった。

員から

特殊詐欺の被害額は,全国的には減少傾向であるが,本県は被害額が大きく増加している。

組織改編により,被害防止につながるよう対策を推進されたい。

旨の発言があった。

(2)事案件について

察本部から,人事案件について報告があった。

(3)成28年度の総合監察実施計画について

年4月中旬から10月中にかけて,県下28警察署に対し,業務監察,服務監察及び術科監察の総合監察を実施予定であり,本年度の非違事案や不適正事案等の発生を受けて,監察項目,実施細目等を改正した旨の報告があった。

(4)成28年全国優秀警察職員表彰被表彰者の決定について

平成28年全国優秀警察職員表彰において,本県警部補1人が警察庁長官警察功労章を受賞することが決定した旨の報告があった。

(5)成27年度定期健康診断結果について

成27年度定期健康診断について,平成27年5月から同年12月までの間,対象の県警察職員3,266人全員が受診したこと及びその結果について報告があった。

委員から

今後,他県の警察職員の結果が集計できたら,本県との比較をしてもらいたい。

また,ストレスチェック等,警察官のメンタル面に配慮した施策も推進されたい。

旨の発言があった。

(6)ストーカー規制法に基づく警告の実施

年2月10日,20代女性に対し,性的羞恥心を害する図画を送付した60代男性及び本年2月12日,60代女性の住居に押し掛けるとともに,同女性の家族(30代男性)に対して乱暴な言動等をした60代男性に対して,それぞれ,ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告を行った旨の報告があった。

(7)通事故の発生状況(2月16日~2月22日)について

期期間中における県内の交通事故は,

  • 発生件数149件(前年比-18件)
  • 死者なし(前年比±0人)
  • 負傷者171人(前年比-27人)

で,本年2月22日までの累計は,

  • 発生件数1,019件(前年比-127件)
  • 死者4人(前年比-10人)
  • 負傷者1,202人(前年比-162人)

であった旨の報告があった。

(8)「鹿児島マラソン2016」開催に伴う交通規制の実施及び警察対策の推進について

鹿児島マラソン2016」の概要,交通規制及び警備体制等について報告があった。

2

(1)鹿児島県地方警察職員の初任給,昇格,昇給等に関する規則の一部改正について

察本部から「鹿児島県地方警察職員の初任給,昇格,昇給等に関する規則」の一部改正について説明があり,原案どおり決定した。

(2)鹿児島県地方警察職員の特殊勤務手当支給規則の一部改正について

察本部から「鹿児島県地方警察職員の特殊勤務手当支給規則」の一部改正について説明があり,原案どおり決定した。

(3)純な労務に雇用される職員の給与に関する規則の一部改正について

察本部から「単純な労務に雇用される職員の給与に関する規則」の一部改正について説明があり,原案どおり決定した。

(4)警察において身体を拘束されている者の食料に関する規則の一部改正について

察本部から「警察において身体を拘束されている者の食料に関する規則」の一部改正について説明があり,原案どおり決定した。

(5)安委員会に対する意見・要望処理結果について

察本部から,平成27年11月17日に受理した鹿児島市内居住の男性からの公安委員会に対する意見・要望に関する調査結果及び回答案について説明があり,原案どおり決定した。

(6)罪被害者等給付金(遺族給付金)の裁定について

察本部から,犯罪被害者等給付金(遺族給付金)の裁定案について説明があり,原案どおり決定した。

(7)転免許の取消処分について

察本部から,12人に対する運転免許の取消処分について説明があり,原案どおり決定した。

このページに関するお問い合わせ

警務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る